>
[Amazon] 眠れる美女 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

眠れる美女 (新潮文庫)
眠れる美女 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

眠れる美女

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:19123位
  • 定価:¥ 539
  • Amazon価格:¥ 506
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001200(新潮社)
眠れる美女 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

川端康成の眠れる美女を読みました。   内容 波の音高い海辺の宿は、すでに男ではなくなった老人たちのための逸楽の館であった。 真紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室に、 前後不覚に眠… このレビューの続きを見る

「波の音高い海辺の宿は、すでに男ではなくなった老人たちのための逸楽の館であった。真紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室に、前後不覚に眠らされた裸形の若い女―その傍らで一夜を過す老人の眠は、みずみずし… このレビューの続きを見る

眠れる美女

11:28:By モノ

「眠れる美女」「片腕」「散りぬるを」を収録。 解説は三島由紀夫。 眠れる美女は、老人と女性のお話。 女性は眠ったままで何をしても反応をしないようになっていて、 老人はその女性と一晩一緒に過ごすことができ… このレビューの続きを見る

 川端康成を生まれて初めて読んだ。  ロリコンが興味を示しそうな文芸作品という内容の記事の中で紹介されていた一冊。三島由紀夫にもそういう小説があるようなのでいずれ読みたいと思っている。  3つの小… このレビューの続きを見る

   ――しかし眠らされ通しで目覚めない娘のそばに一夜横たわろうとする       老人ほどみにくいものがあるだろうか。       江口はその老いのみにくさの極みをもとめて、この家にきたのではなかった… このレビューの続きを見る

波の音高い海辺の宿は、すでに男ではなくなった老人たちのための逸楽の館であった。深紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室に、前後不覚に眠らされた裸形の若い女――その傍らで一夜を過す老人の眼は、みずみずし… このレビューの続きを見る

波の音高い海辺の宿は、すでに男ではなくなった老人たちのための逸楽の館であった。深紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室に、前後不覚に眠らされた裸形の若い女――その傍らで一夜を過す老人の眼は、みずみずし… このレビューの続きを見る

ガルシア=マルケスの『わが悲しき娼婦たちの思い出』を読んだ時、この『眠れる美女』の冒頭が引用されていたので、読んでみた。 たちの悪いいたずらはなさらないでくださいませよ、眠っている女の子の口に指を入… このレビューの続きを見る

たて続けに川端康成!今回は「眠れる美女」です。 いや〜毎度のことながら唸ってしまいますなぁ、先生の徹底した美意識には。 エロティシズムの真髄も、ここまでみせつけられるとかえって清々しいです。 笑 … このレビューの続きを見る

実はこの年で 川端康成初読。 そして最初が「眠れる美女」 古典を読むのは苦手なのですが、三島由紀夫よりはるかに読みやすく、感覚に訴えてくる情景描写はさすがノーベル賞作家!という感じですね。 問… このレビューの続きを見る

3.5

眠れる美女

13:35:By 靄靄読書録

「まるで生きているようだ。」とつぶやいた。生きていることはもとより疑いもなく、それはいかにも愛らしいという意味のつぶやきだったのだが、口に出してしまってから、その言葉の気味悪いひびきを残した。なにも… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品