>
[Amazon] 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)
螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

螢・納屋を焼く・その他の短編

おすすめ!3.4 [3.4](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:15433位
  • Amazon価格:¥ 464
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001332(新潮社)
螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.4 [3.4]

 読んだ。

蛍。

01:35:By 居酒屋あくあ♪

旦那のおじさんちの近くに蛍が出るんだよ、と聞いて なかなかその時期にいけなかったのだけど、 今年は本人の強い誘いで行くことになった。 おじさんには二人の娘がいるのだけど、 去年の末に次女が離婚… このレビューの続きを見る

私も納屋を焼いたことがある。 それは他人の納屋ではなくて、私自身消したい、消し去りたいと思っていたものだったけれど。 燃えていくそれを見ながら、次第に心が温まるのを感じた。 私の中に潜む衝動が炭素… このレビューの続きを見る

  昨夜は4時間弱の睡眠だったのですが、今日も元気です。  今夜は少し早く寝ようと思いますが、たくさんやりたいことがあります。 そんなこと言いながらも文章を書いていますね。 私は書くことが得意と… このレビューの続きを見る

納屋を焼くの「納屋を焼くんです」のリズムや、 象を作る話が好き。 蛍はノルウェイの森とかぶるところがあります。 やっぱ村上春樹っていいなと感じる短編集。 JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:本の紹介幾度となく読んだ短編集。 不思議と、読むたびに新しい発見がある気がする。 読んだ事のある文章、浸ったことのある世界、でもどこか新しく感じる。 「蛍」 村上春樹作品の中でも一番有名な… このレビューの続きを見る

村上春樹の短編はいつも幻想的だ。それは、物語に自然に加わってしまうリアリティを徹底的に排除するからだ。しかし、そこに非現実的な違和感を感じさせないようにしていて、彼のすごさはそういう部分にあるんだと思う。中でも「踊る小人」や「三つのドイツ幻想」などは、そういった手法を存分に発揮している。

関連する商品