>
[Amazon] 機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)
機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

機械・春は馬車に乗って

おすすめ!3.7 [3.7](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:319224位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 99
  • ISBN/ASIN:4101002029(新潮社)
機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3.7 [3.7]

今日の写真は、ハナミズキです。街路樹の背が高くて、見上げるようにして撮ったので花の裏側なんです。今日は、秋からの介護予防教室の打ち合わせに行ってきました。認知症予防事業として、そろばん・そば打ち・カジノゲームなども組み込まれています。男性高齢者の参加意欲をそそるような企画がいろいろと考えられていました。「音読日めくり」は、 横光利一「睡蓮」よりです。▶音声ファイルはこちらから

 今日は、介護予防アーティスト養成講座のフォローアップ講座でした。嵐のような風が吹いて、窓の外が白く煙っているのを見ながら、実習を振り返り、音読のエチュード、共感的コミュニケーションのワークをしました。「音読日めくり」は、横光利一「春は馬車に乗って」よりです。音声ファイルはこちらから

【蠅】■四人称一人称は物語に支えられている。ヒューム(漱石も研究してた)的に私は「束」。物語という虚構で「私」を支えている。四人称は「私」がコロコロ変わる。全然異なるものを「私」で包む恐ろしいスキゾ。… このレビューの続きを見る

関連する商品