>
[Amazon] 阿部一族・舞姫 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

阿部一族・舞姫 (新潮文庫)
阿部一族・舞姫 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

阿部一族・舞姫

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:18578位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101020043(新潮社)
阿部一族・舞姫 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

3.5

阿部一族

05:30:By 儒侏の言葉

生きてりゃいいことがあるというけど、そうでもない。という世界がかつての日本にもあった。殉死を是とする武士道の世界だ。1641年、細川忠利死去。その死を目前に控え、家来たちは殉死の願い出に殺到する。その願… このレビューの続きを見る

「舞姫」…私てばダメ。 主人公が「腸日ごとに九回廻す」ほどの思いを書き記すに当って、「余は幼き頃より…」 まず、ここで大爆笑してしまうんだもん。 教育熱心な家庭に育ち、優秀な頭脳で期待に応えるべく頑張ったから… このレビューの続きを見る

こんばんわ。木曜日ですね。 木曜担当のゆりちゃんこと副部長です。 前回は、一つ前のブログにあるよう、学外オリエンテーションに 参加したため、やむなくお休みさせていただきました。 さて、今回のお話は、歌… このレビューの続きを見る

良いときと、悪いときの波が近頃は激しい。 理由は分かっている。 自分の思うように進まないからだ。 自分の思いばかりに執着していくと、大事なものを見逃してしまう。 だけど、自分の思いってのも大事。 甘いお菓子をいっぱい食べたり、ラーメンばかり食べている。 ちょっぴり早いけど、バレンタインのチョコをもらう。 とても、うれしい。

 鴎外の作品で一番好きなわけではないのですが、一番読んだ作品と言えます。 表題作でもある『舞姫』ですね。 作品全体としては暗く、身分違いの恋が描かれながらも、仄甘さの欠片もない、 救いのない結末が… このレビューの続きを見る

国語の授業で「舞姫」を習ったという娘に勧められて、35年ぶりくらいの鴎外。 表題作「舞姫」、文語体でやや難儀…細かいことは後で娘に聞くなり、調べるなりすればいいと思って取り合えずトライ。 「舞姫」…う〜ん、私… このレビューの続きを見る

関連する商品