>
[Amazon] 人間はどこまで動物か (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

人間はどこまで動物か (新潮文庫)
人間はどこまで動物か (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

人間はどこまで動物か

3 [3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:157464位
  • Amazon価格:¥ 2,180
  • ユーズド価格:¥ 41
  • ISBN/ASIN:410116472X(新潮社)
人間はどこまで動物か (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3 [3]

12月13〜20日まで石垣、西表、竹富にリフレッシュしに行ってきました。 その写真は後日アップしたいと思いますが、旅行中に読んでいた本の一つがこれ。 人間と動物の境目に関しての論文的なものかと思って、タ… このレビューの続きを見る

いわずもがな、動物学者日高氏の手によるエッセイ集。 「人間はどこまで動物か」と題された掌編が秀逸。 私自身、実はこの本のタイトルに惹かれて買ってしまったのだが、この根源的な問いかけだと思っていた命題… このレビューの続きを見る

タイトルに騙された気がする。私が思い描いていたような学術的理論的な文章ではなかったからだ。 簡潔に言ってしまえば学者の先生のエッセイ。 生活する日常で目にしていても気に留めないところに注目しているの… このレビューの続きを見る

ホタルが光り、蝉が鳴き、蚊柱が立つのはなぜ?―すべて、より効率的に配偶者と出会おうとする、彼らの合理的で賢い戦略なのです。 生き物は皆、生き延びて子孫を残すというのが人生の大目標。 動物行動学の第一人… このレビューの続きを見る

関連する商品