>
[Amazon] 格闘する者に○ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

格闘する者に○ (新潮文庫)
格闘する者に○ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

格闘する者に○

おすすめ!3.3 [3.3](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:40299位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101167516(新潮社)
格闘する者に○ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.3 [3.3]

三浦しをんが好きで読んできたけど、デビュー作はまだだったなぁ、と手に取った。 わあ、なんか初々しい! 今の、最も新しい作品と比べたら初々しいとしか言いようがない。 これがデビューだったんですねぇ。 … このレビューの続きを見る

上手くいかないことだってあるけれど、上手くはいかないことばかりだけれど… 『格闘する者に○(まる)』 三浦しをん 直前に『しをんのしおり』を読んだからか、 主人公の可南子が三浦さんに被って見えるとい… このレビューの続きを見る

これからどうやって生きていこう?マイペースに過ごす女子大生可南子にしのびよる苛酷な就職戦線。漫画大好き→漫画雑誌の編集者になれたら…。いざ、活動を始めてみると思いもよらぬ世間の荒波が次々と襲いかかって… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 マンガを読むことが大好きで、なんとか出版社に就職できたらいいなとマイペースに考えていた女子大生の可南子。彼女は、とりあえず、人並みに就職活動を始めてみるものの、当然うまく行くはず… このレビューの続きを見る

【粗筋】これからどうやって生きていこう? マイペースに過ごす女子大生可南子にしのびよる苛酷な就職戦線。漫画大好き→漫画雑誌の編集者になれたら…。いざ、活動を始めてみると思いもよらぬ世間の荒波が次々と襲… このレビューの続きを見る

挌闘する者に○*

14:26:By Anyone else

これからどうやって生きていこう? マイペースに過ごす女子大生可南子にしのびよる苛酷な就職戦線。 漫画大好き→漫画雑誌の編集者になれたら…。 いざ、活動を始めてみると思いもよらぬ世間の荒波が次々と襲いかかっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  積ん読本の中にも、まだ三浦しをんさんの作品は何冊かあるのですが、また買って しまいました。   『格闘する者に○』と、『白いへび眠る島』です。この本たちが出た 頃は、まだ、三浦しをんさんの存在を知りませんでした。 

お初作家さん。今日参しているブログさんがはてダの100読に挑戦中なのですが その方がよく読まれている作家さんで、面白そうだなーと思ったのがこの方に 挑戦した理由です。全くの予備知識なしでの挑戦。直木賞作… このレビューの続きを見る

 エッセイから入ったので、なんだか小説を読むのが変な感じ。でも、これが彼女のデビュー作なのね。面白くてすらすらと読んでしまった。そしてエッセイも面白くて好きだけど、彼女の小説も好きだわ、と実感。… このレビューの続きを見る

面白かったな、意外にも。 以前ちょっと立読みして、義母が出てきた辺りで閉じちゃったんだよ、「何だ、それ」って。損したな、いろいろ。 主人公は漫画が好きで生活力が低い女子大生、出版社への就職を目指す… このレビューの続きを見る

漫画とともに22年間を生き、突然、就職活動の壁にぶちあたった可南子。 これからも漫画と共に生きるには、漫画編集者、即ち出版社に勤めるしかない! ・・・と立ち上がるものの、マニュアル式に動けない彼女には、就… このレビューの続きを見る

格闘する者に○

23:52:By 空模様

三浦しをんの就職もの(笑) 他人事ぢゃないんで親近感がわきますね〜 わたしの就職活動もいよいよ激戦区に突入 あちらこちらから十字砲火〜っ なんとか無事生き残って帰ってきたいと思います。 おかげさまで今のところ順調に選考通過しています。 大失敗をやらかしてしまった一社以外は 全部選考進行してるので健闘してるかなーって感じです^^; なんとか四月中には決めたいぞー

今更買ってしまった、三浦しをんの処女作。 なかなか、ほれぼれとする作品でした。 マンガの編集とは言わないまでも、ちょっと編集者になりたかったりしたので、 主人公が何となく羨ましいなぁと思いながら読んだり。 M駅って、六会日大前?かな? 何処までも、ローカルネタが…面白いですね。

JUGEMテーマ:読書 マンガが大好きだから編集者になろう★ そんな安易な考えからのらりくらりと就活をはじめる女子大生が主人公。 オフィシャルの紹介文に惹かれて読み始めたものの、 しょっぱなからかな… このレビューの続きを見る

関連する商品