>
[Amazon] 海 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

海 (新潮文庫)
海 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

3 [3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:97565位
  • Amazon価格:¥ 440
  • ユーズド価格:¥ 43
  • ISBN/ASIN:4101215243(新潮社)
海 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3 [3]

把瑠都が寄り切る、妙義龍が押し出す、豪風が引き落とす。 把瑠都が投げる、妙義龍が打つ、豪風が捕る。 把瑠都が「ラーメン一丁」と叫ぶ、妙義龍が「あいよ」と返す、豪風がカウンターに置いてあるネギの箱を取… このレビューの続きを見る

小休止

11:55:By

産後、眼精疲労が酷くて、ひょっとしたら視力が落ちたかも?だとすると、車の運転も危ないし…。と思って、ようやく眼鏡を新調しました眼鏡屋さんにはカラフルでお洒落なフレームがいっぱい迷った末に、娘が指差した… このレビューの続きを見る

5回め休演日

16:35:By LeinaUshiyama Blog

 「回」と「目」が隣り合ってると目がまわってきそうだったので↑どうも、なんのこっちゃ牛山です。おかげ様で3〜5日ブロックも無事に終わりました。毎日ちがうお客様が織り成す「客席という生き物」。暖かかっ… このレビューの続きを見る

なんとなく手に取った短編集について。 普段、あまり本は読まないので、小川洋子さんが『博士の愛した数式』を書いた人だと、後から知りました。 この本は、ホントに短い短編7つと作者インタビューが入っている… このレビューの続きを見る

 昨日の夜中、映画を見ました。途中から。「オープン・ウォーター」2003年の映画。カップルがダイビング中の大海原に置き去りにされて、サメのご飯になる話。数時間たって彼女が波酔いしちゃうあたりから見ま… このレビューの続きを見る

 バイト終わりに、『PLUTO』の最新刊と『おぱらばん』を買って帰ろうと思ったのだが、そういえば堀江敏幸は『子午線を求めて』も手つかずだったことを思い出して、『おぱらばん』ではなく小川洋子の『海』を買って… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品