>
[Amazon] 魔性の子 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

魔性の子 (新潮文庫)
魔性の子 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

魔性の子

おすすめ!4.1 [4.1](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:14727位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101240213(新潮社)
魔性の子 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 4.1 [4.1]

 【あらすじ】とある高校に教育実習生としてやってきた広瀬。彼は、そこでひとりだけ異質な空気を放つ少年を発見した。決して目立った生徒ではないのだが、周りの彼に対する態度がどことなくおかしいのだ。噂… このレビューの続きを見る

魔性の子 感想

19:36:By 気分次第。

図書館で借りてきました。本当は『クララ白書』を探しに行ったんだけどれども置いてなかったので、代わりに見つけたこっちを借りて読んでみたんですけど、いやぁ〜面白かったわ。やはり小野不由美さんは天才。読み… このレビューの続きを見る

これを書いてるのは2003年ではないですが2003年の総括をしておきます。2003年に読んだ本は26冊でした。このうち★5個のオススメ本は、8冊でした。屍鬼(小野 不由美)魔性の子(小野 不由美)蒲生邸事件(宮部 みゆき)フリークス(綾辻 行人)毒笑小説(東野 圭吾)眼球綺譚(綾辻 行人)崩れる―結婚にまつわる八つの風景(貫井 徳郎)死にぞこないの青(乙一)

   教育実習のため母校に戻った広瀬は教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。 「祟る」と恐れられている高里を広瀬はかばおうとするが、次々に凄惨な事件が起こり始めた…。 夢中で読んだわりに、寂しいラストになんだかな〜って感じ。 ファンタジーなホラーで、人間心理を描いていて、イチバン怖いのは人間な気がした。 (30日読了)

4.1

「魔性の子」

18:32:By シシトラビー

今、寝る前に読んでる本は小野不由美の「魔性の子」。 すっごい前に買った本で、一緒に「東京異聞」も買いました。 買ったときはなんだか面白そうかなぁ〜と思ってたんですけど、買ってから6年くらい経っちゃっ… このレビューの続きを見る

 教育実習のため母校に戻った広瀬は、教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。彼をいじめた者は“報復”ともいえる不慮の事故に遭うので、“高里は崇 る”と恐れられているのだ。広瀬は彼をかばおうとする… このレビューの続きを見る

4.1

魔性の子

19:19:By day to day

教育実習のため母校に戻った広瀬は、教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。彼をいじめた者は“報復”ともいえる不慮の事故に遭うので、“高里は崇る”と恐れられているのだ。広瀬は彼をかばおうとするが、次々に凄惨な事件が起こり始めた。幼少の頃に高里が体験した“神隠し”が原因らしいのだが…。彼の周りに現れる白い手は?彼の本当の居場所は何拠なのだろうか?

4.1

魔性の子

23:45:By ◆Ruri+Hari†◆

魔性の子 小野不由美 新潮文庫 十二国記外伝。でいいのかな? 泰麒の話です。 時間的には「黄昏の岸 暁の天」と大体同時進行。 でもこれ多分十二国記シリーズより先に刊行されてましたよね。 だから… このレビューの続きを見る

教育実習のため母校に戻った広瀬は、教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。 彼をいじめた者は“報復”ともいえる不慮の事故に遭うので、“高里は崇る”と恐れられているのだ。 広瀬は彼をかばおうとするが、… このレビューの続きを見る

うわー1ヶ月も放置してる。というのがお約束になりそう... その間に十二国記は全部読みました。 で、タイトルのレビュー。 これ単体で読んだら、もしかして途中から、はあ?って展開にならないかな。おおよそ… このレビューの続きを見る

十二国期の世界とリンクしているホラー小説。 十二国期を知らないで読むと、普通のホラー小説として楽しめます。 十二国期を読んでから読むと、十二国期の一部として楽しめます(笑) すごいストーリーがしっかりしてるなーって思いました。これ。 十二国期より先に書いてるらしいし…。

4.1

魔性の子

15:02:By どっぽオンライン

他の巻の裏話的な感じでしたね。あいつらの報復っぷりは異常。十二国記シリーズはこれでほぼ読み終わったかなぁ。続きまだですかね。まだ登場してない国の話とか気になります。

魔性の子

19:45:By 紅茶党、猫派。

魔性の子 著者/小野不由美 教育実習生として母校に訪れた、広瀬。担当することになったクラスで孤立している生徒・高里は、祟ると怖れられており、事実彼を迫害した者達は次々と不慮の事故にあっていく。原因… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品