>
[Amazon] 月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)
月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

月の影 影の海〈上〉―十二国記

おすすめ!4 [4](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:17484位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101240523(新潮社)
月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 4 [4]

今年7冊目ですかね。 十二国記本編入りました。 この「月の影 影の海」を読むのは2回目です。 アニメでも散々この辺りをみましたが、何回読んでもいいですね。 ほんとに名作だ…。 上巻では主にジョウユウが。… このレビューの続きを見る

小野不由美「十二国記」をひさびさに1巻だけ読みました。 最近巷では、「トリップもの」と呼ばれる、異世界で無双して幸せになっちゃう話が流行っており、 楽しいことは分かるもののなんとなく釈然としない思… このレビューの続きを見る

十二国記

15:43:By JUNGLE GREEN

新装版はもってないですが、こんどこそシリーズ読んでいきたいです。面白かった。

十二国紀のエピソード1の月の影、影の海、読了しました。 序章の魔性の子と比べると、かなり雰囲気が違う物語です。 魔性の子は異界の者が現代に来るというシチュエーションだったので、異世界よりも現実に焦点… このレビューの続きを見る

「お捜し申し上げました」──女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れ、跪く。そして海を潜り抜け、地図にない異界へと連れ去った。男とはぐれ一人彷徨(さまよ)う陽子は、出会う者に裏切られ、異形(いぎ… このレビューの続きを見る

私が最初にこの小説を読んだのは26歳の時でした。 3人めの子供を産んですぐの頃なのでよく覚えています。 26歳の私はとってもあまっちょろくて弱くて、しかも思考停止の状態で暮らしていました。 当時の悩… このレビューの続きを見る

絶対に帰る、私の世界に。 『月の影 影の海 上』 小野不由美 十二国記本編スタートです^^ まずは陽子の物語。 この子大丈夫なのか?と何度も思ってしまいましたねー^^;笑 でもまぁ、気持ちは分… このレビューの続きを見る

小野不由美さんの「十二国記」シリーズ 最近よく取り上げられてるし絵がきれいだなー、くらいの気持ちで手に取ってみたものの・・・ これ・・・ おもしろーーーーい(・∀・)!!! 設定や世界観は王道ファ… このレビューの続きを見る

4

十二国記

18:34:By 愉しき時間

 指輪物語なんかにはまっていた頃、ファンタジー好きの友人たちの絶賛オススメがこの本でした。 そのころにNHKでアニメも放送されていたはず。 そのアニメを最近毎日連続再放送をしていたものを見て、 彼… このレビューの続きを見る

 穏和しく、優等生だった女子高生の陽子。しかし、学校にケイキと名乗る金髪の男が現れてから、陽子を取り巻く世界は一変する。「お捜し申し上げました」ケイキとはぐれ、たどり着いた場所は地図に載っていない、… このレビューの続きを見る

  毎日暑いですね。 暑いのは苦手なので、今年はこれから8月だというのに。 もう、けっこう大変です。 7月ももうすぐ終わりです。 やりたいことはたくさんありますが、なかなか進まない今日この頃です。 HPだ… このレビューの続きを見る

前回に引き続き、十二国記新装版の感想です。一昨日は買わなかった「月影」ですが、やっぱりかいましたよ。はい。あらすじはwikiとかに載っているので、詳しくはそちらをググってくださいませ。簡単に説明すると、… このレビューの続きを見る

新刊じゃないけど、新装版(新潮文庫)がいよいよ今週(27日発売予定)から刊行されます。とりあえず、挿絵が楽しみかな。これを機に読み返してみるのもいいかもしれません。また寝られなくなっちゃうけど。

関連する商品