>
[Amazon] 風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)
風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)で自分のブログにレビューを書く

風の海迷宮の岸―十二国記

おすすめ!4 [4](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:14930位
  • Amazon価格:¥ 680
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410124054X(新潮社)
風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 4 [4]

4

風の海 迷宮の岸

08:47:By Wisteria note

皆さんよろしいですか、汕子かわいい! さあ、もう一度よろしいですか、汕子かわいい! 十二国記でイチオシのキャラクターのひとりは汕子なわたくしです。 見た目も可愛ければ、性格もキュート。 というか、… このレビューの続きを見る

最近、本のレビューばかり書いている気がします。 が、それくらい読書にはまってます^^ 十二国記のエピソード2は、魔性の子で登場した泰麒の物語です。 魔性の子の後に発刊された小説なのに、破綻が一切ない… このレビューの続きを見る

幼き麒麟に迫り来る決断の時——神獣である麒麟が王を選び玉座に据える十二国。その一つ戴国麒麟の泰麒は、天地を揺るがす<蝕>で蓬莱に流され、人の子として育った。十年の時を経て故国へと戻さ… このレビューの続きを見る

 蝕で蓬莱に流された泰麒が、十年ぶりに蓬山に帰還した。人の子として育ったがゆえに、麒麟としての自覚が薄い泰麒。我こそはと名乗りを上げる者たちがぞくぞくと集まってくる中、彼は国の命運を担う「王」を選ぶ… このレビューの続きを見る

天命を背負う幼き麒麟。 『風の海 迷宮の岸』 小野不由美 まず、表紙が好きです!すごい表紙が好き! 大事なことなので二回言いました。笑 汕子の表情がたまらないですね…! そしてとにかく泰麒がかわい… このレビューの続きを見る

ついに来ましたねー十二国記『風の海 迷宮の岸』新装版! 早速買ってきて読みました。とりあえずあらすじから書いていますので、未読の方はネタバレ注意。感想は<つづきから>でお読みくださいませ。 &… このレビューの続きを見る

 新潮社のサイトによると、『風の海 迷宮の岸』は早いところだと9月28日から発売だそうですね!たのしみです!!新装版の罠にはまらないように気を付けていたのですが、このままだと全巻そろえてしまいそうで… このレビューの続きを見る

関連する商品