>
[Amazon] 東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)
東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記

おすすめ!3.9 [3.9](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:14729位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 149
  • ISBN/ASIN:4101240558(新潮社)
東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.9 [3.9]

十二国記のエピソード3東の海神西の滄海、読了しました。 もう、十二国記の本編3作目ともなると、世界観がすっかり頭の中に入ってます。 延王が即位する少し前から、即位して数十年の地盤が固まる前のお話です… このレビューの続きを見る

 雁国に新王が即位して20年。荒廃していた国はようやく平穏を取り戻そうとしていた。そんな中、延麒六太が何者かに拉致される。六太を拉致したのは、かつて一度だけ会った友達、妖魔に育てられた更夜だった……。 … このレビューの続きを見る

これもねー、去年からの引き続き。年末に続巻が出てたので、年末年始読書。小野不由美さんは、割と読む作家さんですが、これもそうだったのかー!と去年気づき購入開始。もともと小学生時分、コバルト文庫、X文庫あ… このレビューの続きを見る

王は国であり、国は王である。 『東の海神 西の滄海』 小野不由美 十二国記完全版、最新刊です^^ 相変わらず読ませる力がすごいです! 発刊の間隔が空くと、 ファンタジーって入りにくくなるものかな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 すでに持っているものなのに、やっぱり新装版も集め始めてしまいました。だって好きなんだもの。尚隆×六太の組み合わせが一番好き。「一言で紹介して」と言われると難しいね〜。「いいからとにかく読んでみてよ」とお勧めするのみです。

またやってきました、十二国記の新装版。今回は『西の海神 東の蒼海』です。本筋の陽子・高里から少し離れて、脇役が主役という、番外編の王道を行くのがこちらの作品。主役は、ベテラン脇役の延主従です。『月の… このレビューの続きを見る

東の海神西の滄海

18:01:By 本の記録

十二国記の再販シリーズもこれで3作目……かな? なぜか私はこれがずっと2作目だと思っていたのですが。 1作目のラストに出てきた延王の即位間もない(といっても20年経っているわけですが)のお話。 斡由という… このレビューの続きを見る

関連する商品