>
[Amazon] 花宵道中 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

花宵道中 (新潮文庫)
花宵道中 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

花宵道中

おすすめ!3.8 [3.8](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:135345位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101285713(新潮社)
花宵道中 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.8 [3.8]

最近読んだ本。

23:12:By cherish*

 面白かった。

吉原では火事が頻発する。年季があけなければくぐれない大門の外で避難生活を送る山田屋の遊女・朝霧は八幡様の縁日で出会った男を想う。客は選べない。呼ばれた席に好いた男がいたとしても、その目の前で抱かれよ… このレビューの続きを見る

   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ どんな男に抱かれても、心が疼いたことはない。誰かに惚れる弱さなど、とっくに捨てた筈だった。あの日、あんたに逢うまでは―初めて愛した男の前で客に抱かれる朝霧、思い人を胸に初見世の… このレビューの続きを見る

3.8

多忙ながら

20:07:By selfish.

 女性週刊誌というものは髪を切るときに読むもの。多忙な中でも、伸び放題の髪でお亭主は出来ませんし、就活も出来ませんので、髪を切りに行きました。で。タイトルは忘れましたが、伝統ある女性週刊誌のうち… このレビューの続きを見る

 最近、廓言葉を使うキャラが登場する漫画やアニメ、ドラマなどが耳につく。 その言葉遣いが持つ不思議な魅力、独特の絢爛さに溢れた着物や髪の結い方、鼈甲のかんざしや笄の美・・・吉原、その炎上、花魁、遊… このレビューの続きを見る

3.8

花宵道中

23:03:By くねくね式

吉原の遊女たちの叶わぬ恋のお話です。 短編と見せかけて全ての作品が繋がっています。 時間も立場も違うのに、あぁ、ここにあの人の生き方が伝えられている・・・と感じて、なんだか心が温かくなります。 厳しい生活の中でも思いやりながら生きている、粋を感じます! ただ、エロいです。描写が。 ひ、ひぃ〜・・・絶対人に見られてはイケマセン!とばかりに隅っこや本を閉じ気味に読みました・・・

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品