>
[Amazon] 真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐B...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐B〉 (新潮文庫)
真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐B〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐B〉

おすすめ!3.8 [3.8](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:348737位
  • Amazon価格:¥ 440
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410132252X(新潮社)
真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐B〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.8 [3.8]

JUGEMテーマ:読書 全体的にとても抑えたトーンで語られる、不思議な恋の物語。 以下、ネタバレあります。

「一卵性双生児の場合を除いて、  この世界に自分の遺伝子と  まったく同じ遺伝子を持った人間が産まれる確率って  どれくらいか知ってますか?」                        日比野かすみ … このレビューの続きを見る

真夜中の五分前

20:50:By 受賞本

 真夜中の五分前  著者 : 本多孝好  受賞歴 : 第132回直木賞 ノミネート

上巻読み返したら流れは下巻。てなわけで、そのまま読破。 上巻から2年の時間が流れ、偶然の出会いもなんのその破局するでもなく壊れてしまってます。 男は勤め先を辞め、仕事で知り合った社長さんの道楽新規事業に手を貸していました。 そこでまた、一悶着。 投げかけられるテーマがかなり漠然としていて、どこかほわほわしてる感じ。

sideA から絶対読むべき。 Aの終り方も絶妙だけど、Bの終り方ってゆうか 最後の一小節に完全にやられた。 ちょっとひねた主人公(私たちみんなもそうなのかもしれないけど… だって共感出来る部分がたくさんあったんだもの) が、別にまともになるでもなくて、ちゃんと生きてゆく事。 真夜中の得した五分前に考える事。 私もちょっと時計を5分ずらしてみようかな。

(あれ? ミステリーだと思ってたけど、完全恋愛小説だったんですね。「このミス」で知った作家さんだからそうなんだと思ってました。 それにSIDE B始まりでいきなり、彼女が逝ってしまっているので。。。 双子… このレビューの続きを見る

関連する商品