>
[Amazon] つめたいよるに (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

つめたいよるに (新潮文庫)
つめたいよるに (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

つめたいよるに

おすすめ!3.8 [3.8](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:21082位
  • Amazon価格:¥ 497
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101339139(新潮社)
つめたいよるに (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.8 [3.8]

つめたいよるに

16:41:By 読書家宣言

  

短いお話が盛りだくさん。 どれも魅力的な内容でした。 一話目のデュークの話からノックアウト的なわたしでした^^ 犬猫好きなもので。 そういうことがあったらいいなぁ、なんて思う話も多かったです。 さら… このレビューの続きを見る

 昨日の夜、このブログを更新しようとした。昨日は、母親が悲しい生きものであると気付いたので、それについて書こうと思った。産まれた子どもは、自分なしでは生きられないという、ほとんど脅迫のような事実… このレビューの続きを見る

3.8

つめたいよるに

01:56:By Wallflower

 児童文学論の教授が教えてくれた本なんですがこの中の「デューク」を読むためだけでも読む価値あります!10人いたらそのうち9人は素敵な話だと感じるぐらい そのくらいおすすめです!私はこの中に入ってる話… このレビューの続きを見る

ショートショート集? 童話っぽくてファンタジーな話もあって好きです☆ 以下、続きにて

つめたいよるに

07:47:By 黒猫の闇鍋

JUGEMテーマ:読書 大好きだった愛犬を亡くした翌日、出勤のために泣きながら電車に乗った彼女の前に現れた不思議な少年の話、『デューク』 教室で物思いにふけっていた少女。男性が教室に入ってきて、ふと我に… このレビューの続きを見る

  『ねぎを刻む』を読みたくて。 もしロンが死んでしまったら私はどうなるんでしょうね。怖いです。でもデートをされても困るのです。彼は私の子どもだから。だからもし人間になって一緒に出掛けてくれるの… このレビューの続きを見る

 江國香織のデビュー当時の作品が満載されている本。デューク桃子草之丞の話夜の子どもたち恥ずかしいことに、これが私の初江國さん体験だった体の中から叫び声が聞こえてくるような感じだった特に処女作だと… このレビューの続きを見る

3.8

おいしい本

13:05:By Sing Girl

江國香織を知った最初の本。短編集。 センター試験の問題になった「デューク」が話題を呼んだ記憶が。 江國香織の魅力は日常を描き出すのにありふれた話にならない所 だと思うけど、ちょっと細かい所を言えば、 … このレビューの続きを見る

3.8

つめたいよるに

20:40:By DAYS

つめたいよるに   -------------------------------------------------------------------  書店のPOP(デュークのこと)に惹かれて購入しました*

ひとりでもくもくと本を読むのもかなしくなってきたので、ちゃんとアウトプットします。 超内輪ネタであれですが、徳島旅行仲間に勝手にオススメ。 まずは究極のエンターテイナーN嬢から(´▽`)ノいっちゃえいっち… このレビューの続きを見る

 この作家は短編の方好き。これも二度目の投稿かもこの作品の後半には「あたたかなお皿」という短編集が入っていて、今日はその中の「晴れた空の下で」ある、はないらない。それは別の人の作品だ。わずか5ペー… このレビューの続きを見る

3.8

つめたいよるに

15:49:By Phantasmagoria

短編集。江國香織はやっぱりいいなぁ(´∀`*)

3.8

つめたいよるに

12:49:By Rierieir

 初江國香織です。 この本に収載されてる「デューク」が読みたくて読みたくてそれだけのために買いました。 短編というよりももっと短編のストーリーばっかりですっごい簡単に読めました 江國香織って、超… このレビューの続きを見る

 

サラっと読める短編集。 三十路世代には懐かしい、あの頃の子供が描かれていたり、ホッとする内容。 今どきの子供は公園で遊ぶって言ってもゲームボーイ持ってきて静かにゲームやってたりするもんねぇ。。。 巻… このレビューの続きを見る

デュークが死んだ。 わたしのデュークが死んでしまった――。 たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車で、わたしはハンサムな男の子に巡り合った・・・・・。 出会いと別れの不思議な一日を綴った「デューク」。 コンビにでバイトする大学生のクリスマスイブを描いた「とくべつな早朝」。 デビュー作「桃子」を含む珠玉の21編を収録した待望の短編集。

3.8

つめたいよるに

01:41:By 赤と晦

長編よりも短編の方が好きな私。短編集ですらすらと読めました。ひとつが5分〜10分程度で読めるので、通勤通学なんかに最適だと思いました。 つめたいよるに/江國香織 名前はよく聞いたことのある作家さん。… このレビューの続きを見る

江國香織「つめたいよるに」。 紹介するのも今さらな有名短編小説集。 江國さんの短編集、「つめたいよるに」と「温かなお皿」を収録。 この本を読んだのは今から10年くらい前。まだ私が15歳だったとき。 … このレビューの続きを見る

3.8

「デューク」目当てに

21:52:By nomad.

これ「デューク」目当てに買いました。 これは江國作品で唯一「大好き」といえる作品。 好きな人には申し訳ないが、私は江國作品の夢物語な感じがあまり好きではありません。 たしかに夢物語で終わってない別の… このレビューの続きを見る

夢のようにふしぎなお話を9つ集めた『つめたいよるに』。 なにかしらの食べものが出てくるお話を12こ集めた『温かなお皿』。 この本には、珠玉の短編集がふたつ収められています。 どれ… このレビューの続きを見る

関連する商品