DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 流しのしたの骨 - 江國 香織 のレビュー全28件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 流しのしたの骨 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

流しのしたの骨 (新潮文庫)
流しのしたの骨 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

流しのしたの骨

おすすめ!3.7 [3.7](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:146549位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101339155(新潮社)
流しのしたの骨 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.7 [3.7]

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々なこ… このレビューの続きを見る

いかにも、江國ってカンジのストーリー ほのぼのとして、温かくて、少し変わっている人々以下、続きにて

 読んだ。

   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟… このレビューの続きを見る

確か、江國さんの本の中で、最初に手に取ったもの。 そして一番気に入っている本。 久々に電車に乗ってお出かけしたので、連れて行きました。 江國さんのお話に興味あるけど、すでにたくさんいろいろ出ていてどれ… このレビューの続きを見る

3.7

流しのしたの骨

16:40:By Phantasmagoria

日付弄り再読。家族についての物語。何で「流しのしたの骨」というタイトルなんだろう…

流しのしたの骨

14:00:By Discography

家族だけのルールって、自分の家のものしかわからないけど確かに多種多様で、他人の家の中をのぞくのは面白かった。 こんな本を読んだら自分の家の話をしたくなるな。そんなしないけど。 こと子の家ほど兄弟仲… このレビューの続きを見る

ハイネック。チュニック。フリース。ジーンズにオーバースカート。最近の服装ってこうかな。ザ・重ね着。寒いから着れるだけ着てる、みたいな感じでもある。あ、ババシャツを着てないだけ、故郷よりは寒くないです… このレビューの続きを見る

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々なこ… このレビューの続きを見る

3.7

流しのしたの骨

09:33:By Phantasmagoria

家族とはそれぞれ特殊で。やはり江國香織のかく男の子は好きだ。

JUGEMテーマ:地域/ローカル私はそんなにトイレが近いほうではないのですが、調布駅に着く直前あたりからトイレに行きたくて仕方なくなってしまったのです。バスの車内が電車にくらべて寒いのと、振動によって膀胱… このレビューの続きを見る

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉 そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘ 小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々… このレビューの続きを見る

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一 番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々な… このレビューの続きを見る

もうクリスマスですね。 こちらは、クリスマスのマーケットが始まりました! 日本も、町中がもう、ジングルベル♪なんでしょうね。 最近何かと忙しく、寝る前くらいしか 本を読む時間が取れないのだけど、 今… このレビューの続きを見る

3.7

流しのしたの骨

23:38:By 道草

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々なこ… このレビューの続きを見る

3.7

流しのしたの骨

22:44:By 蜜色日和

江國さんの本は好きで結構読んでるのだけど 最近のはあんまり好きじゃないな。 不倫が多くて、ワンパターンで呆れるし(笑) でも、この流しのしたの骨はとても好きな本です。 読み直してもやっぱりいい話でし… このレビューの続きを見る

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々なこ… このレビューの続きを見る

3.7

流しのしたの骨

21:47:By 肉桂と薄荷

JUGEMテーマ:読書 一体何度読んだのだろう? 大好きな本。もし、明日からあなたの所持している本すべてとお別れです、 ただし一冊のみ持ち出してよろしい、と言われたら、その一冊の第一候補はきっとこれだとい… このレビューの続きを見る

「ホリー・ガーデン」に引き続き、エグニ。 なんでもない表現で 唐突に情景が浮かぶってことは よくあることで。 「風がやわらかいわね」 ほんの少し目を細めるようにして母がいい、 「ほんと」 とこたえて私もおんなじ顔をしてみた。そうすると、まつげが風をうけるのがわかる。 きょうから三月だ。 好いなあ。

タイトルに惹かれて読む人もいそうだよね。 でもこれはホラーではありません。 サスペンスでも、ミステリーでも。 ひとつの家族に焦点を当てた、日常の話です。 でも、どこかずれていると思う家族。 今時め… このレビューの続きを見る

『流しのしたの骨』(新潮文庫)江國香織

江國香織さんの小説 「流しのしたの骨」 内容は… 流しのギター弾きの三郎太… 今日も飲み屋を弾き語りで練り歩く…。 しかし根っからの嘘つき三郎太…。 あまりのホラ吹きぶりに お客を怒らせ しまいには閻… このレビューの続きを見る

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな’小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々なこだわりを持つ母、規律を重んじる家族想いの父、の六人家族。 ちょっと変だけれど幸福な宮坂家の、晩秋から春までの出来事を静かに描いた、不思議で心地よくいとおしい物語。

「変な家族の話を書きました」。 これは江國さんのあとがき。 確かに、変な家族。 てくてく、をじょんじょん、と言って育ったり、 夕食のときに、葉っぱや小枝を拾ってこなきゃいけなかったり。 でも… このレビューの続きを見る

江國香織作品の中で、私が一番好きな作品。これを読んでいると、 なんだか気持ちが落ち着く。穏やかな気持ちになる。 何気ない日常、愛しい日々、家族。 私はしま子ちゃんが好きだなあ。 なんでもない日常は、なによりも愛おしいと感じる。

江國 香織さんにはまるきっかけとなったのがこの本。 ある家族の秋〜冬の季節のお話なんだけれど、 季節の描写がまず好き。 なんか、秋の寂しさの中の期待感みたいのとか 冬の寒さの中の暖かさみたいのとか そ… このレビューの続きを見る

流しのしたの骨

23:14:By pupa

おそらく読むのは3どめです わたしはほんとうにこの本がすき ゆったりとしたリズムで、不思議と安心で、でもほんのすこし 淡い淡いきれいな色をした不安の染みをのこしてくれるので とても穏やかな気持ちに… このレビューの続きを見る

関連する商品