>
[Amazon] 行きずりの街 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

行きずりの街 (新潮文庫)
行きずりの街 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

行きずりの街

2.7 [2.7](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:205226位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101345112(新潮社)
行きずりの街 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 2.7 [2.7]

志水辰夫さんの『行きずりの街』を読みました。。 スーリーは女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、 都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、 失踪した教え子を捜しに再び東京へ足… このレビューの続きを見る

行きずりの街

10:52:By 受賞本

 行きずりの街  著者 : 志水辰夫  受賞歴 : 第9回日本冒険小説協会大賞 受賞         1992年このミステリーがすごい! 1位

JUGEMテーマ:注目★BOOK いつも行くブックオフに、「お店のオススメ文庫本コーナー」みたいな棚がありましてー この棚から前回は6冊、本日は4冊あらたに追加購入してまいりました。 この棚の本は、注目本… このレビューの続きを見る

2.7

行きずりの街

19:49:By 染赤Shadow

JUGEMテーマ:ミステリ 志水辰夫初挑戦。 よく聞くな名前だなぁと思っていたら、つい数年前に母親がはまっていたそうな。 「もっとすごい!このミステリーがすごい」より、行きずりの街を読むことにした。 なんつ… このレビューの続きを見る

かつて私には、ハードボイルドは大嫌いだ、と公言していた恥ずかしい過去がありましたが、高村薫、北方謙三、稲見一良、佐々木譲などの作家、作品に出会って前言撤回。今ではハードボイルド大好きです。しかし、久… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 どれほどのきれい事を言おうがどれだけ格好をつけようが、ハードボイルドで女子高生に手を出した教師が主人公という時点でアウツだったわ。

行きずりの街.

00:56:By SIDE 00

.

このミス大賞受賞作。 教え子と結婚したことを問題視され学園を追放された教師が、今度は塾の教え子を田舎で危篤の祖母に会わせるために上京して探すところから始まる。 東京に来ると教え子が失踪していることが… このレビューの続きを見る

塾の教師をしている波多野は、二週間以上音信不通になった教え子を探しに、東京に出た。教え子を訪ねたマンションは、ワンルームの家賃二十万円、とても専門学校に通っている十九歳の女の子が住める部屋ではなかっ… このレビューの続きを見る

これは1991年のミステリーの1位だそうでして、 最近のミステリーと比べてみよう。って帯に・・・ 昔はあまりミステリーを読まなかったのですが、 やっぱりミステリーの良さは、どきどきはらはらの刺激、現実と… このレビューの続きを見る

あ、あれぇ? 知人の話によるとミステリーながら恋愛小説としてリバイバルでヒットしているということだったので、楽しみにしながら読んでいたのですが・・・。 正直言って期待はずれでしたねえ。 文章は決して悪… このレビューの続きを見る

2.7

行きずりの街

23:47:By Kaleidscope

多少強引なところもあったが、 次の展開が気になる程、ストーリーに引き込まれた。 そこそこお勧めです。

2.7

行きずりの街

19:13:By Cocomado日記

最近話題のミステリー小説なので、呼んでみました。 はじめから、『どうなるの???』という気持ちでどんどん読み進める小説でした。 それと最後まで読んで、 『あれはどうなったんだろう?』 と、腹八分目なところがうまい?

2.7

行きずりの街

01:16:By 独り言の続き

これは浅田次郎のプリズンホテルを薦めてくれた上司に借りました。 何も言わずにボンと机に置いて、外出して行ったので、 一体何事かと思ったのですが、しっかり借りて読みました。 大体物語中盤までは若干グ… このレビューの続きを見る

女生徒とのスキャンダルで退職になった元教師が、行方不明になった 教え子の行方を捜すために奔走するハードボイルド小説。 タイトル「行きずりの街」っていうのと、 主人公が「女生徒とのスキャンダルで退職… このレビューの続きを見る

関連する商品