>
[Amazon] 幻色江戸ごよみ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

幻色江戸ごよみ (新潮文庫)
幻色江戸ごよみ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

幻色江戸ごよみ

3 [3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:38351位
  • Amazon価格:¥ 737
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101369194(新潮社)
幻色江戸ごよみ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3 [3]

幻色江戸ごよみ

22:19:By planet17

内容(「BOOK」データベースより) 盆市で大工が拾った迷子の男の子。迷子札を頼りに家を訪ねると、父親は火事ですでに亡く、そこにいた子は母と共に行方知れずだが、迷子の子とは違うという…(「まひごのしるべ」… このレビューの続きを見る

幻色江戸ごよみ

09:40:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  本所深川ふしぎ草子に続いての江戸もの。短編集で読ませられるのが凄い。江戸についての文献とか、相当、勉強しはったのやろう。あ、1カ所だけ、幼子の年齢を数えるのが、0歳からカウ… このレビューの続きを見る

12編収録される短編集でした。今回はなかなか読むのに乗らなかったです。短編なのに12編も収録されていたから、1編が更に短い気がして。おまけに結構後味が良くないお話が多くって、その読後の感情を引きずって次のお話を読むから、何だか進まなくって。うーん。1編1編、間を開けて読めばよかったなぁ・・・と、全部読んだ後に思いました・・・。何だか読後物悲しい気持ちになりました。

12編収録される短編集でした。今回はなかなか読むのに乗らなかったです。短編なのに12編も収録されていたから、1編が更に短い気がして。おまけに結構後味が良くないお話が多くって、その読後の感情を引きずって次のお話を読むから、何だか進まなくって。うーん。1編1編、間を開けて読めばよかったなぁ・・・と、全部読んだ後に思いました・・・。何だか読後物悲しい気持ちになりました。

関連する商品