>
[Amazon] いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)
いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

いつか陽のあたる場所で

おすすめ!3.5 [3.5](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:79109位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101425493(新潮社)
いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.5 [3.5]

8月は爆発的に本を読んだ。 二日に一冊のペースで、読んで読んで読みまくった。 それというのも7月に「書籍費に生活が圧迫されている」とボヤいたところ、非常に読書家の母を持つ心優しい友人が15冊ほど持… このレビューの続きを見る

、JUGEMテーマ:読書 『凍える牙』でお馴染の乃南アサの連作小説。小森谷芭子と江口綾香。誰にも知られてはならない過去を背負った女二人の友情物語。 東京の下町でひっそりと暮らす芭子と綾香。過去を知られ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  サスペンスもミステリーも無いけれど巧みな心理描写でグッと読ませる乃南アサさんの技が冴えた一冊。刑に服しても、世間からは決して許してもらえないことを痛感し小さくなって生活する芭子が、前向きだけれど、かなり粗忽な綾香に振り回されたり、感心したりしながら自分の生き方を模索していく姿がいいです。次作も早く読みたい。

JUGEMテーマ:読書 小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。 一回りも年が違うふたりだけど一番近い友だち。 ふたりにはそれぞれくらい過去があった。 それは絶対に人に知られてはいけない過去。 ふたりは下町の谷中… このレビューの続きを見る

関連する商品