>
[Amazon] 黄泉がえり (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

黄泉がえり (新潮文庫)
黄泉がえり (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

黄泉がえり

3 [3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:136172位
  • Amazon価格:¥ 781
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410149004X(新潮社)
黄泉がえり (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3 [3]

黄泉(コウセン)―――地下にあり、死者の行くとされる所、あの世、よみじ――― 一度死んだ人間が突然蘇ってくる・・・。 2003年に映画化もされたファンタジックストーリー。  熊本県のある街で火の玉を見たとの不審… このレビューの続きを見る

熊本とその近郊の街で、突然死者が蘇る・・という怪現象が相次いで起こる。死者は、死んだときの年齢のまま、なぜ蘇ったのか自身でも分からないまま、突然に帰ってきたのだ。その不思議な現象に、喜びそしてとまど… このレビューの続きを見る

3

黄泉がえり

06:51:By Crystal * kiss

本当に久しぶり。とっても面白かったです。ただ、長かったので手に取るにはちょっと勇気が要ったかな(笑 入りこめば読み進むのも早かったです。最後のさまざまな人たちの別れのシーンでは感動して涙がこみあげました。「彼」が何を意味しているのか、小説に込められているメッセージが、前より理解できたような気がします。

3

黄泉がえり

08:39:By

映画が成功した(と認識している)ような本はあんまりよくない場合が多い、というのが私の持論。映像化されることを想定しているような本はあまりよくないし、映像化される際に、内容変更され(オリジナルストーリ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品