DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 老人と海 - ヘミングウェイ のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 老人と海 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

老人と海 (新潮文庫)
老人と海 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

老人と海

おすすめ!3.6 [3.6](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:3978位
  • Amazon価格:¥ 464
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4102100040(新潮社)
老人と海 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.6 [3.6]

キューバの老漁夫サンチャゴは、長い不漁にもめげず、小舟に乗り、たった一人で出漁する。残りわずかな餌に想像を絶する巨大なカジキマグロがかかった。4日にわたる死闘ののち老人は勝ったが、帰途サメに襲われ、舟… このレビューの続きを見る

3.6

老人と海

08:12:By AMBER-ROOM

JUGEMテーマ:小説全般

本棚にあったのに長年読んでなかった一冊。 読む人は高校生くらいで読んでるんじゃないのか・・・。 まあほとんどの本は読むタイミングって別にいつでもいい気はするのでよし。 何故いまのタイミングで読んだ… このレビューの続きを見る

452 老人と海

00:43:By another world

読んだ。

3.6

老人と海

16:26:By トトガ御用達

 JUGEMテーマ:読書くもんのすいせん図書H-12

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説全般  ヘミングウェイといえば、「誰が為に鐘は鳴る」「武器よさらば」というイメージがあった。 父が面白いと言っていたので、きっといつかは読もうと決めていたのだが、わ… このレビューの続きを見る

ヘミングウェイ『老人と海』を読了。 荻窪の古書店で購入した一冊。 お釣りをちょろまかされたので、永久に覚えていることでしょう。 台湾行に携帯していき、合間に読了。 昔一度読んだような記憶もある… このレビューの続きを見る

 八十日間不漁が続いた老漁師、サンチャゴ。それでもめげずに、一人漁に出たサンチャゴの釣り糸に、巨大なカジキがかかる。しとめる側としとめられる側との死闘の末は…ヘミングウェイ最晩年の作品。  有名な作品… このレビューの続きを見る

8月に読みたいのが「八月の光」なら、9月に読みたいのは「老人と海」。 板のような海の上で…老人の独り言や、彼の頭をかすめる言葉が好きだ。 確かに彼は傷だらけの孤独な老人なのだけれど…。 自分の仕事、人生に誇り… このレビューの続きを見る

やっぱり、古典文学は難しいな。と思う。 解説によると、闘いの話なのか。 てっきり、戦っている老人は、死期を迎えた夢の中の話かと思ってた。 人生は戦いの連続だと。 ゲッツと思ったらサメが出てきやがる。 負けるな! --- 「闘ったらいいじゃないか」とかれははっきりいった、「おれは死ぬまで闘ってやるぞ」

カジキとの格闘。人の誇り、弱さ、意地、勇気。自然の厳しさ。昔、アニメを見たことあって、小説が気になって読んでみた。JUGEMテーマ:読書

老人と海

02:00:By Drawing

JUGEMテーマ:小説全般サメめ!!ヘミングウェイの作風は男らしいなぁ…18フィートは約6mくらい?カジキマグロは2mで体重70kgぐらいらしいので、これはすごい猟ですよ。

Ernest Miller Hemingway, The Old Man and the Sea, 1952. とにかく風はおれの友だちだ、とかれはおもう。そのあとで、かれはつけくわえる、ときによりけりだがな。大きな海、そこにはおれたちの友だちもいれば敵… このレビューの続きを見る

8月に読みたいのが「八月の光」なら、9月に読みたいのは「老人と海」。 板のような海の上で…老人の独り言や、彼の頭をかすめる言葉が好きだ。 確かに彼は傷だらけの孤独な老人なのだけれど…。 自分の仕事、人生に誇り… このレビューの続きを見る

3.6

老人と海

19:33:By B棟三階の本棚

 こんばんは。  今日の感想文は、ヘミングウェイさん(福田恒存 訳)の『老人と海』です。  おじいさんがかっこいいです。  海外小説の感想文は初でしょうか。私があまり海外小説を読まないからだと思う… このレビューの続きを見る

※ネタばれちゅうい 正直、失敗したかな、と思いました。 だって、釣りの話だもの。 興味ないもの。 いやー、しかしねえ。 良かったんだこれが。 「おじいさんが、おおきなお魚とのかくとうのすえに、や… このレビューの続きを見る

老人と海。 タイトルはもうこれしかない!><という感じのお話。 漁師である老人「サンチャゴ」の生き様に感動できる。 時々弱気になりながらも、自分を奮い立たせて海に挑む姿。 その描写・表現方法が力強く、そして巧み。 個人的には「少年」の優しさにうるっときた。

老人と海

06:52:By イドリア

久しぶりに家の前をうpしてみた空はまだ真っ暗です。 雨が降った様で地面が濡れていますね。 今日は天気悪そうです。 漁師の様に天気を読める様になりたいなぁ。 最近まで、ヘミングウェイの「老人と海」を… このレビューの続きを見る

老人と海

10:35:By 俺の、変身!

老人が"やつ"に段々と感情移入していくさまが面白い。自己投影。 今の時代の言葉だと、どう見てもツンデレ。 苦労は必ずしも報われないが、また明日だ、ということか。 「おれはお前が大好きだ、どうしてなかなか見あげたもんだ。  だが、おれはかならずお前を殺してやるぞ、きょうという日が終わるまでにはな」

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品