>
[Amazon] 流れ星が消えないうちに

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

流れ星が消えないうちに
流れ星が消えないうちにで自分のブログにレビューを書く

流れ星が消えないうちに

おすすめ!3.8 [3.8](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:763125位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103007516(新潮社)
流れ星が消えないうちにのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.8 [3.8]

 前からずっと1度橋本さんについて勝手に熱く熱く語りたかったのですが 何だか今は橋本さんについてというより、橋本作品について語りたくなった。 ので、私は、勝手に、語る! ・・・昔のブログだったら1つ… このレビューの続きを見る

加地君が死んでしまい、友達だった巧君と付き合い始めた奈緒子。 対照的な2人をそれぞれ好きだけれど まだ加地君との思い出が濃い部屋では眠れない。 ある日転勤で別々に暮らしていたお父さんが家出してきた。 家… このレビューの続きを見る

とってもステキな本でした。 恋人の死とその友人との新しい関係。 家族の関係。 大人になっていく。。 とっても読みやすくて、素直なお話だと思いました。 心のうちが結構わかりやすく表現されているから、サ… このレビューの続きを見る

恋人が自分の知らない女の子と旅先の事故で死んでから1年半。 奈緒子はあることを除いて、ようやく日常を取り戻しつつあった。。 現在、亡くなった恋人・加地君の親友・巧君と付き合ったいる奈緒子。 それは、ますます加地君のことが忘れられなくなるということでもあり、 そんな不安定なふたりの関係を見守るような気持ちで読みました。

JUGEMテーマ:小説全般●流れ星が消えないうちに/橋本紡 ●新潮社 ●1470円 ●評価 ☆☆☆☆ 恋人の加地君が自分の知らない女の子と旅先の事故で死んだ。 あれから1年半・・・。 奈緒子は、加地君の親友だった巧君と新し… このレビューの続きを見る

あらすじ高校時代から付き合っていた恋人・加地君が自分の知らない女の子と旅先の事故で死んでから、1年半。奈緒子は、加地の親友だった巧と新しい恋をし、ようやく「日常」を取り戻しつつあった。ただひとつ、玄関… このレビューの続きを見る

橋本紡3冊目〜 同じ感じの設定というか 境遇が多い。 切ないけど さらさらよめる。 

「猫泥棒と木曜日のキッチン」がよかったので、こちらも買ってみました。 遠い異国で死んでしまって加地くんと、そんな加地くんの恋人だった奈緒子と、その奈緒子の恋人の巧くんのお話。 大波が来るわけではないけど、絶えず小波が来るような感じのお話でした。 帰省して、おばあちゃん家に行ったら、大好きな紀伊国屋へ通って橋本さんの本をたくさん買おうと思います。

私と彼と最愛の故人 死と向き合いながら生活 せつなさがじんわり広がります 解説は完読後に読むのがオススメ これ、文庫もあります

一人で遠出する時、私は必ず大宮で本を一冊買います。 時間ないので、いつもジャケット買い。 「流れ星が消えないうちに」もジャケットに一目ぼれして購入しました。 買って大正解! 吉本ばななさんのキッチン以来のヒットです。

早苗オススメの本。なんか心が痛い…けど納得。 奈緒子も巧も頑張ってるのだ、その生き方が好きだと思えた。 加地君も「行動しなくては」という言葉を残している。 彼が遺したものは沢山あって、めぐりめぐって… やっぱり意味のなかったことなんてないんだろうな。 何かがきっと変わっている。 私もちゃんと成長しようと思った。 赦しって大切!!

いつまでもこの物語を読んでいたかった。 澄んだきれいなお話で大好きな一冊。

 asahi.comの「BOOK」にて紹介されていて、図書館から借りてきました。以前読んだ「猫泥棒と木曜日のキッチン」と同じ作家さんです。

先日、橋本さんの作品である『空色ヒッチハイカー』を読み(レビューはこちら)、 それが実にわたし好みの作品だったので、今日図書館に行ったときに橋本さんの作品 を見つけ、いの一番に手に取ったのがコレ。 … このレビューの続きを見る

悲しくて一睡も出来なくても、朝は来るし。涙が涸れるほど泣いたって、やっぱりお腹は空くもので。立ち直りたいなんて思ってないのに、時間はいつでも意地悪で、過ぎ去った日々を物語に変えてしまう――玄関でしか眠… このレビューの続きを見る

高校時代から付き合っていた恋人・加地君が自分の知らない女の子と旅先の事故で死んでから、1年半。奈緒子は、加地の親友だった巧と新しい恋をし、ようやく「日常」を取り戻しつつあった。ただひとつ、玄関でしか… このレビューの続きを見る

大好きな人が死んじゃうよりも、世の中にはもっと悲しいことがある…。つらくって一睡も出来なくても、朝は来るし。涙が涸れるほど泣いてても、やっぱりお腹は空くもので。立ち直りたいなんて思ってなくても、時間は… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品