>
[Amazon] ジーン・ワルツ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ジーン・ワルツ
ジーン・ワルツで自分のブログにレビューを書く

ジーン・ワルツ

おすすめ!3.7 [3.7](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:893957位
  • Amazon価格:¥ 1,280
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103065710(新潮社)
ジーン・ワルツのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.7 [3.7]

JUGEMテーマ:読書  海堂尊の“ジーン・ワルツ”を読みました。 海堂尊と言えば“バチスタ”で有名な作家さんですよね。 そんな海堂尊が書いた小説、“ジーン・ワルツ”は人間の発生学の勉強にもなる素晴らしい本で… このレビューの続きを見る

 NHK総合で4月19日夜10時からスタートするNHKドラマ10『マドンナ・ヴェルデ』の会見に、女優の松坂慶子さん、国仲涼子さん、南明奈さんらが出席しました。――「お母さん、わたしの子を産んでくれない?」55歳… このレビューの続きを見る

こんにちわ。ピンクです 海堂尊「ジーン・ワルツ」読みました 実は・・・だいぶ前に「マドンナ・ヴェルデ」をうっかり先に読んでしまっていたのね。まあ順番が逆でも特に大きな問題じゃあないんだけど。 一応発売順は… このレビューの続きを見る

いろいろな妊娠と出産が出てきます。 どの妊婦さんの選択も ドキッとさせられてばかりでした。 私は母子ともに生存率五分五分という出産を経験したので 他人事ではないものがありました。 決して妊娠出産を当た… このレビューの続きを見る

新しい命が誕生すること。 無事に生まれること。 奇形がない「正常」な人間が生まれてくること。 それがどれだけの奇跡であるか。 数え切れないほどのステップを踏んで、遺伝子はワルツを踊って完成する。 … このレビューの続きを見る

★★★☆☆ *あらすじ* 桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、… このレビューの続きを見る

美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ) 人工授精のエキスパートである彼女のもとにそれぞれの事情を抱える五人の女が集まった。 神の領域を脅かす生殖医療と、人の手が及ばぬ遺伝… このレビューの続きを見る

海堂尊さんの小説が好きで読んでます。医療関係ということと、どの話も全然違うのに、登場人物が微妙に関連しててそこがおもしろいです。ジーン・ワルツは人工授精のエキスパートの女性医師が主人公。今まで読んだ海堂さんの作品の中で一番好きかも。一気に読みました。

 海堂尊さん。チームバチスタの栄光が映画・ドラマ化され、話題になりましたが 実は初読みです。医療ミステリーのジャンルに入るのでしょうか。でもとても社会派な内容。 クールウイッチ(冷徹な魔女)の異名… このレビューの続きを見る

帝王切開の手術で逮捕されたお医者さんの事件を思い出した。 一生懸命に最善を尽くしても、救いきれなくて逮捕では お医者さんにが、あまりにもきのどくだなあと思った。 こんな背景があるのかもしれないなあ いろんな問題がとりあげられていて 考えさせられることたくさん 知らないこともいっぱい きゅ〜〜〜〜んとくるとこもある。 読みやすいし、おもしろい。

3.7

ジーン・ワルツ

13:36:By 花夢想記

あらすじ 桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた… このレビューの続きを見る

またまた海堂尊さんの 小説です。 ジーンというのは、英語で書くと"gene"、つまり”遺伝子”のことです。 今回の物語は、ある事件をきっかけに閉院へと追い込まれた産婦人科病院 「マリアクリニック」が舞台… このレビューの続きを見る

3.7

ジーン・ワルツ

21:37:By 読書LOG

 

おお、「医学の卵」が繋がった。 どんどんリンクしていくおもしろさはある……かな。 きっとコレはあの産婦人科医の事件を、医者目線でのを表沙汰にしたくて書いたんじゃないかなって思った。 あれは警察が手を出しちゃだめだと、読む前から思ってたけど。

おもしろかった! この人のシリーズは、どの本もすごくきちんと問題提起している。でも白鳥たちが出てくると途端にコメディ調になってしまって、なんだかなあと感じていた。舞台が桜宮から離れた今作はかなりシリ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  私の中では2冊目の海堂さんの本は、1冊目の『夢見る黄金地球儀』に比べ て、はるかによかったです。   閉院間近の産婦人科に集う、訳ありの5人の妊婦たち、その5人の妊婦の… このレビューの続きを見る

3.7

ジーン・ワルツ

07:35:By

JUGEMテーマ:読書 今回の海堂さんの本の、医療テーマは産婦人科。 産婦人科の中でも、不妊治療と代理母について掘り下げています。 今までも官僚批判の多い海堂さんだけど、今回は強烈に官僚批判してます。 … このレビューの続きを見る

「ジーン・ワルツ」海堂 尊 265p新潮社 曽根崎理恵は 帝華大学で、発生学を担当している。一方閉鎖しようとしている「マリアクリニック」の 非常勤の医師でもあった。 そのマリアクリニックの最後の妊婦た… このレビューの続きを見る

『チーム・バチスタ』を読み損ねたので、海堂作品は今回が初読。 産婦人科医療をテーマにしたこの本を読み終えた直後に同じ話題が新聞紙面を賑やかせたので驚いた。なんというタイムリー。出産における妊婦の死を… このレビューの続きを見る

なんか、面白かった。 それでも納得できないことがある。 いや、あった。 だけど、考えれば考えるほど、 それは自分が「生まれてよかった」と心から思えたことがないからだ、と思う。 もし、生まれてよかったと、今幸せだと、心から言えるならば、 DNAなんて関係なくて、 知らなければ真実も嘘もない。 JUGEMテーマ:読書

帝王切開死 医師に無罪 福島地裁判決 読みながら、この事件が頭をよぎりました。 医療、、だけではなくここまでくると社会派のドクターですよね、海堂氏。 とりあえず、ほっとしていらっしゃるのではないでしょうか? まだまだ日本の産婦人科学会は問題や課題が山積みです。 安心して出産できる国ではないようですね、日本の国は。

現役の医師でもある海堂さんだからこその本。 小説だけど、今の産婦人科がこんなにも苦しい現状の中にいるってことに驚きました。 ものすごい確立の中をくぐり抜けて、卵子と精子が受精して、命がけの出産を母… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 どこまでが医療で、どこまでが人間に許される行為なのか。強烈なキャラクターが魅せる最先端医療ミステリー! 美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/21〜2008/6/22 [新潮社HPより] どこまでが医療で、どこまでが人間に許される行為なのか。強烈なキャラクターが魅せる最先端医療ミステリー! 美貌の産婦人科医・曾根崎… このレビューの続きを見る

3.7

ジーン・ワルツ

21:26:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 どこまでが医療で、どこまでが人間に許される行為なのか。強烈なキャラクターが魅せる最先端医療ミステリー! 美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)。人工… このレビューの続きを見る

「ジーン・ワルツ」(海堂尊) 顕微鏡下での人工受精、それは神の領域に足を踏み込んだ人間の所業。 日進月歩する医学に対して、最早対応しきれなくなっている法律や行政。 産婦人科医、曽根崎理恵の視点を通し… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 医師という立場からか、現在の産科医の問題を浮き彫りにしている作品ですね。 医学的なことはわからないけれど、 地元の総合病院でも産科医がいなくなる。などの問題が現実化しているようで… このレビューの続きを見る

婦人科医療を題材にした作品。代理母、人工授精、医師不足、医療が抱える問題を詰め込んだ一冊です。 今までの作品では、ふっと息を抜くような場面がどこかしらあったのですが、この作品は笑いなし。作者の文章… このレビューの続きを見る

これはそのうち「バチスタ」につながる話になるのでしょう。 そいで、「医学のたまご」のスピンオフです。 ネタバレ。 お母さんの話です。 そやって彼が生まれたと思うと、なんだかせつないな〜。 もう一人もどこかでまた出てくるのだろうね。 産婦人科業界な話はわりと興味深くよみました。

ジーン・ワルツ

00:48:By Z i z z

架空の病院を使って日本の医療制度の穴を仄めかしちゃったエンターテイメント 登場人物のキャラクターが本当にキャラっぽくていいです 海堂尊は面白い

出版社 / 著者からの内容紹介 どこまでが医療で、どこまでが人間に許される行為なのか。強烈なキャラクターが魅せる最先端医療ミステリー! 美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)… このレビューの続きを見る

関連する商品