>
[Amazon] 本屋さんのダイアナ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

本屋さんのダイアナ
本屋さんのダイアナで自分のブログにレビューを書く

本屋さんのダイアナ

おすすめ!3.5 [3.5](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:197071位
  • ユーズド価格:¥ 99
  • ISBN/ASIN:410335531X(新潮社)
本屋さんのダイアナのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.5 [3.5]

JUGEMテーマ:読書 「大穴(ダイアナ)」という名前。水商売の母親。行方知れずの父親。金色に染めた髪。 彼女は自分と自分をとりまく全てが嫌いだった。 孤独なダイアナの唯一の友が本の世界。本を読んでいる時… このレビューの続きを見る

008/本屋さんのダイアナ この本は『今すぐ読みたい!10代のためのYAブックガイド150!』をパラパラとめくっていて読みたくなった本。最初に知ったのは、芥川賞・直木賞候補作の発表だったりします。何… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文   キャバクラ嬢を親に持つ矢島ダイアナ。   親のティアラ(源氏名)が娘に付けた「ダイアナ」と意味は   競馬や競輪、競艇で掛け金の百倍を超える配当… このレビューの続きを見る

内容紹介 私の呪いを解けるのは、私だけ――。すべての女子を肯定する、現代の『赤毛のアン』。「大穴(ダイアナ)」という名前、金色に染められたバサバサの髪。自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界… このレビューの続きを見る

柚木麻子さんの小説を読むのは初めてです。 可愛い表紙の本です。 表紙がかわいいから、 読みやすいかなと思いました。 読みやすかったです。 今NHKテレビの「アンと花子」を毎日観ています。 この… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 本屋さんのダイアナ / 柚木麻子(新潮社) 評価 ☆☆☆☆☆ 「大穴(ダイアナ)」という名前、金色に染められたバサバサの髪。 自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界… このレビューの続きを見る

 柚木麻子著作は『ランチのアッコちゃん』から今回2作品目を読みました『本屋さんのダイアナ』赤毛のアンをモチーフにされているようですが私自身は子供の頃にテレビアニメを見た程度で日本語訳の原作でさえ… このレビューの続きを見る

・「週刊文春」2014年5月8日・15日 ゴールデンウィーク特大号 「新・家の履歴書」で北村薫さんにお話を伺っています。 記憶の話に感銘を受けました。・「MORE」6月号で柚木麻子さんにお話を伺っています。 『本… このレビューの続きを見る

関連する商品