DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 東京奇譚集 - 村上 春樹 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 東京奇譚集

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

東京奇譚集
東京奇譚集で自分のブログにレビューを書く

東京奇譚集

おすすめ!3.6 [3.6](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:233177位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103534184(新潮社)
東京奇譚集のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.6 [3.6]

HARUKI MURAKAMIです。 高校生のときあんなに大好きだったのに、 結構最近『海辺のカフカ』を読んで、 なんか寂しく感じて、 春樹を楽しく読むにはもう大人になりすぎたかなあと ちょっと… このレビューの続きを見る

open the 7:15

23:17:By Eureka

読んだ本をね・・・メモしようと思ってね・・・忘れてたね・・・ 東京奇憚集/村上春樹 村上春樹さんは、カフカの最初の1ページで脳がぷすぷすいうのをはじめて経験した本で、苦手だったのですが、なんとなく読ん… このレビューの続きを見る

村上さんの短編だが、前回読んだ時、非常に面白く感じたので再読してみました。前回は、ハワイのサーフィン中にサメに襲われて一人息子を失った母親のいくぶんハードボイルドな話が気にいったが、今回は小説家と職… このレビューの続きを見る

村上作品は訳判らん。昔から訳判らん。なのに新刊が出るとつい読んでみたくなるのはどういう訳なのか。作品に滲み出てくる村上春樹の趣味と云うか好みに気持ち良さを感じるせいかも。音楽とか小説とか、私は全然そ… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 五つの最新小説。不思議な、あやしい、ありそうにない話。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語。  

「東京奇譚集」

15:00:By cafe mizutama

特に断る理由もなかったので、正月の三日間、仕事に出た。 が、働いてみて、正月くらいは休むべきだと心から思った。 一年の節目を心で感じないのは、ずいぶん疲れるものだ。 昼の休憩に、家から持参したお弁当(… このレビューの続きを見る

3.6

東京奇譚集

21:22:By シコウヒン。

不思議な不思議なお話でした。

 そもそも、村上春樹の本は全てが「奇譚」であるような気がしつつも、タイトルに惹かれて読んでみた作品集。作品のそれぞれが、非常に「村上春樹的」でありながら、とても易しい文章で著されていて、かつ、優… このレビューの続きを見る

手紙メール電話インターネット人と繋がる手段はいっぱいあるけれど。 手と手を繋ぐこれ以上明快なものはない。そしてそれが、やっぱりとっても大切なことなんだなぁ。と、思う。 当たり前のことを当たり前にそれ… このレビューの続きを見る

3.6

東京奇譚集

23:44:By

JUGEMテーマ:読書 出版社 / 著者からの内容紹介 奇譚(きたん)とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。 しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語――。 話題の四作品に、書き下… このレビューの続きを見る

3.6

東京奇譚集

00:27:By ほんのひとこと

ゲイの彼は書店のカフェで同じ本を読む女性と知り合った。 翌週も同じ店で彼女と出会い、彼女に乳がんの悩みを打ち明けられる。 彼女の耳たぶのほくろから姉を思い出した彼は 久しぶりに電話をかけることにした… このレビューの続きを見る

東京奇譚集

21:54:By raibowrain's diary*

始めの方の作品は本当にあったのかもしれないと思うけど、最後の二つ、特に一番最後の話は本当にあったのかなとかなり疑ってしまう。 これは小説?エッセイ?ルポ?私小説? 不思議で、でもやっぱり村上春樹の匂いがする魅力的な本。

東京奇譚集

00:38:By 秘密部屋。

JUGEMテーマ:趣味 村上さんの文体は読みやすく、この本自体もあまり難しくない短編ばかりなのでおススメです。 品川猿という話が印象的でした。 また、腎臓石が出てきた話で生涯に3人だけの女性というのは本当なのではないかと思えた。

強引かと思える話も、なんとなく納得させてしまう力技。 名前を集めるサルの話が印象的です。

「そんなこともあるものですね」という不思議な体験をする人々の短編集。 2年前に刊行されていますから、もう読んだという方もいらっしゃることかと思います。 本日はその全体的な感想を(ちょっと長めになりまし… このレビューの続きを見る

導入部から切れ目なく、するっと話にひきこまれました。 最後まで一気に読んでしまった。 そういえば、ノルウエイの森の訳本タイトルは何故"Tokio Blues"なんだろう。 「murakamiの本を読んでいるよ」とスペイ… このレビューの続きを見る

あ〜おもしろかった〜 私が小説を読むのが好きなのは、現実とは違うありそうにない世界にどきどきしたり、不思議なできごとにわくわくしたり、少しずつ少しずつ謎が解かれるように、続きが気になり夢中にさせられ… このレビューの続きを見る

久々に、本当に久々に村上春樹を読んだ。 もっと若いころは、村上春樹が大好きで片っ端から読んだ。 最後に読んだ本のトーンが、あまりにも暗かったのかな? しばらく手に取ったことがなかった。 でも、やっぱ… このレビューの続きを見る

3.6

久しぶりの春樹本かな。

13:57:By

どこか思い出せないけど、この中の1作「ハナレイ・ベイ」についての意見交換を (既読と思い込んでいて)読み込んでいたが、どうにもピンとこなかった。 そりゃ読んでないのだからピンとくるわけがないのだが、… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品