>
[Amazon] 首折り男のための協奏曲

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

首折り男のための協奏曲
首折り男のための協奏曲で自分のブログにレビューを書く

首折り男のための協奏曲

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:327120位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410459606X(新潮社)
首折り男のための協奏曲のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「… このレビューの続きを見る

勢いでまた伊坂さん。 これは先日読んだのより前のものなんだけど、読み損ねてたヤツ。 伊坂さんっぽい物騒なタイトル。 首折り男って…。 7つの短編が入っている。 それぞれ別のお話なんだけど、時折つながり… このレビューの続きを見る

7編の短編からなる作品集であるが、連作短編集ということで作者も出版社も売り出しているんだけど、とっても繋がりが緩くてあんまり帯の贅沢すぎるという形容には同意できないことをまず語っておきたい。 もちろ… このレビューの続きを見る

★2014/9/24→10/8 

【感想】 なぞの「首折り男」が出てくる連作短編集ですね。 といっても、必ずしも全編「首折り男」が出てくるわけでもなく… なんか各話が微妙に繋がってるような、繋がってないような、そんな感じが… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「… このレビューの続きを見る

久方ぶりの伊坂作品。面白かった! 伊坂作品で何を人にお勧めするかと云ったら『死神の精度』と『終末のフール』。この人の文章はリズミカルでユーモアがあって好きだけど、それが最も反映されるのは短編だと思うの… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎氏の最新刊を読了。 短編集の 『首折り男のための協奏曲』 である。 本作、別の出版社などからの依頼で執筆した、 短編作品を加筆修正した短編集。 それゆえか、偶然か、必然か、当然か、 ものす… このレビューの続きを見る

いま。

00:12:By kao-line's long log

いま、ちびちび読んでる本。 全部読み終わるのがもったいないなあと。 ちょっと物騒なタイトルの協奏曲。 でも本当に音楽みたいなつくりの話。

伊坂さんの作品は・・ ちょっと難しいと思う。 素直に内容に溶け込めないし スムーズに読めないし・・・ 最後は、いつも不完全燃焼する感じ・・。 でも・・・ 読んでしまう・・。 不思議な作家さんです。

首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎不穏な題名ですが・・伊坂幸太郎は、読まねば 一風変わった短編集でした伊坂幸太郎の特異点が表れた一冊

関連する商品