>
[Amazon] 愛に乱暴

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

愛に乱暴
愛に乱暴で自分のブログにレビューを書く

愛に乱暴

おすすめ!3.4 [3.4](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:72754位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 73
  • ISBN/ASIN:4104628069(新潮社)
愛に乱暴のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.4 [3.4]

愛に乱暴

11:14:By わたしの記録帳

内容(「BOOK」データベースより) これは私の、私たちの愛のはずだった―本当に騙したのは、妻か?夫か?やがて、読者も騙される狂乱の純愛。“家庭”にある闇奥。“独り”でいる孤絶。デビュー以来一貫して、「ひとが誰… このレビューの続きを見る

浮気ってどうしてするのだろう。 どうして、と考えるぐらいならしないのだろうな。 考えるより気持ちが動き、行動も同時なのだろう。 ・・・と考えてはみたが 奥さんのまえでなにもないようにふるまえる思考… このレビューの続きを見る

 愛に乱暴 / 吉田修一 評価 ☆☆☆☆夫の不実を疑い、姑の視線に耐えられなくなった時、桃子は誰にも言えぬ激しい衝動に身を委ねるのだが……。夫婦とは何か、愛人とは何か、〈家〉とは何か、妻が欲した言葉とは何… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 妻も、読者も、騙される! 『悪人』の作家が踏み込んだ、〈夫婦〉の闇の果て。これは私の、私たちの愛のはずだった――。夫の不実を疑い、姑の視線に耐えられなくなった時、桃子は誰にも言えぬ激し… このレビューの続きを見る

これは・・なんというか、怖い。 ひと組の夫婦と、だんなの不倫相手の女性の3人が主に登場するのですが、 現在の妻である桃子の視点で多くが描かれているのだと私が気づいた時の不思議な感覚。 これは小説の醍… このレビューの続きを見る

 吉田修一氏…本当は女性なのでは(笑) ? リアルです。 元はと言えばすべては旦那の不倫が元凶。 追い詰められてく主人公に感情移入してしまうんだけど…複雑。 人の言葉を鵜呑みにしてはいけない。 人の心は見えないんだから…。

初出 地方新聞、改稿あり。 吉田さんすごいですよね、端的な表現になりますが、有意義な本であるか否かは読者を選ぶのかもしれませんが、とっても面白い作品であるのは間違いのないところだと思います。 ただし… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品