>
[Amazon] ミッキーマウスの憂鬱

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ミッキーマウスの憂鬱
ミッキーマウスの憂鬱で自分のブログにレビューを書く

ミッキーマウスの憂鬱

おすすめ!3.3 [3.3](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:666874位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4104751014(新潮社)
ミッキーマウスの憂鬱のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.3 [3.3]

なんだか、スカッとする気持ちのいい小説だった。 年代が若い人(高校生とか、大学生とか)におススメしたくなるような本。 この本は、たまたま入った書店で平積みにされていて、書店員さんのPOPが書かれていた。… このレビューの続きを見る

大学で面白いなーと思った授業のひとつが社会学でした。授業の冒頭で、「全てを疑うくせをつけよう」なんて話があった。つまり、あまり簡単にメディアを信じるな、自分で真偽を見際めようとする意志を持て、という… このレビューの続きを見る

  これ よくわからんかった… ディズニーの本かとおもったらフィクションのストーリー物ですた。

これってディズニー的にはどうなんだろうと不思議な気持ちになる本(笑) でも調べてみたらけっこうディズニーの秘密っぽい本出てるんですね。著者コメントや付属情報が無いのでよく分からないのですが、どこまで… このレビューの続きを見る

プリポカのレビューを書いた時に、アマゾンで見つけた本。 それが『ミッキーマウスの憂鬱 』でした。 他の方のレビューで面白いとあったので、暴露本系だということを分かりつつも購入してみたのですが・・・。 … このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 史上初ディズニーランド青春小説 ようこそ裏舞台(バックステージ)へ! 東京ディズニーランドのバイトになった21歳の若者。 友情、トラブル、純愛……。様々な出来事を通じ、やがて… このレビューの続きを見る

評価:★★★★★ 【あらすじ】 夢と魔法の国東京ディズニーランド。後藤大輔は準社員として採用された。意気揚々と出勤するも部署は「ビソーブ」という全く聞きなれない名前だった。そこは決してゲストの目には触れない裏方だった。それでも彼なりに頑張ったが、ミッキーマウスを巡って大事件が起こる。 【感想】

ミッキーマウスの憂鬱/松岡 圭祐 誰もが気になるディズニーランドの裏側。夢と魔法のオンステージとそれを創り支えている現実に満ちたバックステージ。現実は、確執やら妬みやら侮蔑やら疲労怠慢失望、ぐちゃ… このレビューの続きを見る

関連する商品