好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ガラスの街
ガラスの街で自分のブログにレビューを書く

ガラスの街

3 [3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:589020位
  • Amazon価格:¥ 18,672
  • ユーズド価格:¥ 27
  • ISBN/ASIN:4105217135(新潮社)
ガラスの街のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3 [3]

ニューヨーク、深夜。孤独な作家のもとにかかってきた一本の間違い電話がすべての発端だった。作家クィンは探偵と誤解され、仕事を依頼された。クィンは、ほんの好奇心から、探偵になりすますことにした。依頼人に… このレビューの続きを見る

 主人公はいくつもの名前を持っている。 どの名前がどの時使うんだっけって最初ちょっとわかんなくなります。 なんだかすごい事件に巻き込まれそうなのですが、 巻き込まれるのは、自分の中にある迷路。 自分は一体何なんだろう。 何のために赤いノートを持ってニューヨークの街を歩き回っているんだろう。 実に不思議な小説です。 ちなみに事件は謎のまま。

 ポールオースターの小説処女作。ファンの方も多いと思います。ガラスの街のタイトルが内容をよく現しています。間違い電話から始まったそれは、都会の片隅で、自分はいったい誰なのだろうとの不安が渦巻き、… このレビューの続きを見る

ガラスの街

02:28:By よんでみる

原題:City of Glass待ってました柴田訳!どこかで柴田さんが「City of Glassというタイトルは、日本語に翻訳するなら『ガラスの街』とした方がしっくりくるんじゃないかと思う」というようなことを仰っていて… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品