DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 停電の夜に - ジュンパ ラヒリ のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)
停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)で自分のブログにレビューを書く

停電の夜に

おすすめ!3.7 [3.7](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:136898位
  • Amazon価格:¥ 2,052
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4105900196(新潮社)
停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.7 [3.7]

●本日の読書 ・「停電の夜に」ジュンパ・ラヒリ/新潮文庫 ISBN:4-10-214211-8  良かった。この本を推薦して貸して呉れた友人に大感謝。インド系のアメリカ人作家である著者の短篇小説にはインド出身者が登… このレビューの続きを見る

3.7

停電の夜に

21:00:By 白い本棚

作者のジュンパ・ラヒリはカルカッタ出身のベンガル人です。 ロンドン生まれで、 ニューヨーク在住です。 短編小説で、 9つの話が入っています。 インド人の話です。 1)「停電の夜に」は、 工事のために5日間… このレビューの続きを見る

「停電の夜に」

17:27:By moji*lib

どの短編集も面白かったです。 ちょっと大人なお話が多かった。話は淡々と進んでいくのに、どこかしっとりしていて心にしみるものがあります。 一番好きな作品は題名にもとられている「停電の夜に」です。 妻の流産… このレビューの続きを見る

毎夜1時間の停電の夜に、ロウソクの灯りのもとで隠し事を打ち明けあう若夫婦――「停電の夜に」。観光で訪れたインドで、なぜか夫への内緒事をタクシー運転手に打ち明ける妻――「病気の通訳」。夫婦、家族など親しい… このレビューの続きを見る

『その名にちなんで』がよくて、すっかり「好きな作家」のひとりになったラヒリの。 すーごいよかった。短編集なんだけど、表題作と『三番目で最後の大陸』、『セクシー』がよかった。 しかしクレストブックスってセレクトや訳もよいものが多いけど、装丁がほんとに可愛い。 裏表紙のほめちぎり評がなければ最高です。

映画と違って、手元に残る本はついついレビューをサボってしまっていけません(笑)  さて、ジュンパ・ラヒリの9話からなる短編集。 (そう言えば、サリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』も9つでしたね) … このレビューの続きを見る

こちらをご覧ください。

この作品のTBはこちらの記事にお願いします。 元記事はこちら 私はよくお風呂で本を読みます。短編だったら、ひと風呂で一作品読んだりします。 この本はここ1ヶ月ほど、お風呂の脱衣場に置いてあって、気… このレビューの続きを見る

この作品のTBはこちらの記事にお願いします。 元記事はこちら <まるで美しい映像の映画を見ているような陶酔感を味わえる短編集。> まず著者のジュンパ・ラヒリについて簡単にご紹介しよう。 1967年ロ… このレビューの続きを見る

新潮文庫でも読めます。 どしどしTBお願いします。 美結さん Rokoさん

星での評価っていまいちむつかしい。☆:読みきるのが結構面倒くさくなる。苦痛になる。☆☆:苦痛じゃないけどもう読まなくても好いや。☆☆☆:満足。再読しても好いな。☆☆☆☆:お気に入り。機会があったら4回以上読める… このレビューの続きを見る

著者のデビュー短編集9編 最後に収録されていた話が1番好みでした 表紙の香辛料の写真も素敵 JUGEMテーマ:読書

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品