>
[Amazon] 渋滞学 (新潮選書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

渋滞学 (新潮選書)
渋滞学 (新潮選書)で自分のブログにレビューを書く

渋滞学

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:64001位
  • Amazon価格:¥ 827
  • ユーズド価格:¥ 130
  • ISBN/ASIN:4106035707(新潮社)
渋滞学 (新潮選書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

 西成活裕(2006)『渋滞学』(新潮選書)を古書店で見つけ、ようやく読了した。  渋滞に関する研究で有名な著者の代名詞であるので、渋滞のメカニズムや、渋滞研究が様々な分野に応用される事例を一般向けに概… このレビューの続きを見る

『七人の侍』の組織論/内田樹の研究室 これは、すごいというか、ファシリテータやコーチ、カウンセラーなどの援助職の方なども含め、組織変革を生業とする人間にとっては、まさに「コレだ!」という内容。 … このレビューの続きを見る

参考記事:働くアリ、怠けるアリ と パレートの法則 の裏話(全体最適の本質とは?) サービス・イノベーションへの期待 -理学は実業の諸問題を解決できるか? (主催:内閣府経済社会総合研究所) こ… このレビューの続きを見る

「事故もないのに自然渋滞って、なぜ起きるんだろう?」人混み、車、アリ、インターネット・・・世の中、渋滞だらけである。生まれたばかりの研究「渋滞学」による分野横断的な発想から、その原因と問題解決の糸口… このレビューの続きを見る

世の中に発生する様々な渋滞。車、人、アリ、インターネット、電車に飛行機に、あるいは血液やたんぱく質まで。その渋滞の原因と構造を分析する分野横断的な新しい学問「渋滞学」について、渋滞学の当事者が解説し… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品