DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 死の壁 - 養老 孟司 のレビュー全11件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 死の壁 (新潮新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

死の壁 (新潮新書)
死の壁 (新潮新書)で自分のブログにレビューを書く

死の壁

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:19892位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4106100614(新潮社)
死の壁 (新潮新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

昔、付き合いのあった、脳外科医の先生とこんな話をした。 「魂が抜けて肉の塊になる瞬間って、不思議ですよね…」 場所は、なぜだかモンゴル。現地の民族的な大きな丸いテント「ゲル」の中だった。 …遅れ… このレビューの続きを見る

バカの壁

15:03:By JUNGLE GREEN

バカの壁だけ持ってます。確か学生時代に読みなさいと先生に言われて買ったような…。最近、体調が悪いので横になっていて、それで目についた本を本棚からだしてきてパラパラ見ていて。面白いです。死の壁とかも読みたいです。

 死の壁  著者 : 養老孟司

死の壁

23:17:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  養老さんといえば壁シリーズ、みたいな。 死ぬのがどうというわけじゃなく、ぼけるのが嫌なんじゃなく、ヒトに迷惑をかけるのが嫌なんだろうと。だって、ぼけちゃえば全然判らないんだから、という最初の方のコトバに納得したり。

バカの壁が出版された時に、興味本位で彼の本を読んだのですが、私的にはもの凄く読みづらいし、難しいし、全然わからないと思ったんですよ。まるで初めて司馬遼太郎氏の著作を読んだときのようwあれから何年も経ってたまたま古本屋で見かけたので、タイトルが面白そうだし、もう一度挑戦してみるかと思い手に取った1冊。驚くことに何が起こったのかわかりませんが、とても読みやすくて面白かったです。

養老先生の本は、何度も読むことにしてる、いい加減、あきそうなもの、いや、消化しそうなものなのだけれど、全く、毎回、毎回、違うところに連れて行ってくれる。2回目くらいは、まだ、マーカーを許さない、そし… このレビューの続きを見る

死の壁/養老孟司

11:46:By

「真っ赤なウソ」を読んで腑に落ちなかった部分がすっきりしました。 著者の意見には大まか同意です。というより、こんなに頭が良い人が同じこと考えてた!と嬉しくなっちゃった点が多々あり。 ただし、人は… このレビューの続きを見る

死の壁

10:55:By nhosan's works

『バカの壁』を以前に読んでいたのもあってこちらも読みやすそうだったので『死』というものを考えて(分かるはずも無いのですが)考え過ぎて混乱してというのを長年続けてきましたこの本を読んで結局分かったとは… このレビューの続きを見る

3.5

死の壁

15:21:By

意外と面白い!死ぬってこういう事なのかな?とか考えたことある方は面白く読めると思います。個人的には後半ページがスラスラ読めた。

癌になったことが、読むきっかけになったのは確か。 でも、読後は「死」だけを、突き詰めて考えるのではなく、そこから、いろんな事について視野を広げていける本だと、分かった。 あくまでも、私個人の思いです… このレビューの続きを見る

読みました。

21:37:By cotton

『安楽死とエリート』ってカテゴリが、 1番読み応えがあったかな…。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品