>
[Amazon] サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ (中...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ (中公新書)
サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ (中公新書)で自分のブログにレビューを書く

サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:9573位
  • Amazon価格:¥ 864
  • ユーズド価格:¥ 178
  • ISBN/ASIN:4121013247(中央公論社)
サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ (中公新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

 サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ 著者 : 下條信輔

20世紀末の人間像の再考。 平素私達は『自分のことは自分が1番よく知っている』と思っているが『自分が思っているほど自分のことを知らない』ということもまた知っている。このパラドックスを様々な実験結果から分析している。 第9講「私の中の悪魔」は最高に面白い。面白いけれど正解が出せないジレンマに身悶える。

「サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ」下條 信輔 303p中央公論社 目次 序 私の中の見知らぬ私―講義に先立って 第1講 自分はもうひとりの他人である―自己と他者の社会認知心理学 第2講 悲しいの… このレビューの続きを見る

◆サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ◆ 1520年、世界周航をめざすマゼランとその一行が、南米最南端のフエゴ島に 到達 したときのこと。マゼラン一行は上陸のために、自分たちの大型船四隻を島 の… このレビューの続きを見る

いい加減朝の鼻炎が治ると良いなと思っているKeniです。 鼻が詰まる経験っていうのも少なくなれば良いのに。 最近、どんどん日の出が遅くなってきていて 起きて、太陽の姿を見ることは滅多にありません。 … このレビューの続きを見る