>
[Amazon] 新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)
新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

新選組始末記―新選組三部作

おすすめ!4.2 [4.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:74393位
  • Amazon価格:¥ 843
  • ユーズド価格:¥ 5
  • ISBN/ASIN:4122027586(中央公論社)
新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4.2 [4.2]

4.2

読まないと。

04:19:By いちり帳

函館で最後まで生き残った土方歳三の台詞の一節。 土方歳三が近藤勇の死後に、生き急いでいたという話はよく聞きますが、さすがにこの台詞を読んでしまうと、なんとも言葉になりませんね。 というわけで、久しぶりに歴史の話をしようじゃありませんか。

新選組始末記

13:23:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  これ、文学なのか歴史なのか、迷った。つか、今頃こんな超・有名どころを読んでる自分は、やっぱり軽薄読書家だと思う。 どっちかってえと、聞き取りと資料による新撰組再構成である。… このレビューの続きを見る

新撰組の古典,子母沢寛『新選組始末記』を読みました.実に面白い. 司馬遼太郎『燃えよ剣』『新選組血風録』などでも引用されている古典.実に面白い. なにしろ1928年の刊行だけあって,新撰組が京都で活… このレビューの続きを見る

新選組ファンなら一度はお目にかかると思われます。 読み出したら止まりません。色々考える事が出来る1冊です。 史料系統の本・・・と言う事を覚えておいて下さい。 次は遺聞〜

新選組三部作と言われるうちの一部目。 三部作の中では一番読みにくいかもしれませんが、やっぱり最初はこの本で。

関連する商品