>
[Amazon] 死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)
死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

死ぬ瞬間―死とその過程について

おすすめ!3.6 [3.6](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:4374位
  • Amazon価格:¥ 1,132
  • ユーズド価格:¥ 260
  • ISBN/ASIN:4122037662(中央公論新社)
死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.6 [3.6]

大病の宣告や愛する人との死別など、大きな悲しみを受けた際に人々が通過する過程を5段階で表現した人がいます。ドイツの精神科医エリザベス・キューブラー=ロスの「死の受容のプロセス」です。 この「悲しみ… このレビューの続きを見る

故・エリザベス・キューブラロス博士の本 もうお亡くなりになっているので 在庫のある書店は少ないので 今では なかなか入手できない 大変貴重な本となっています この日記は ガンと言われたら読むブログ http://blog.goo.ne.jp/nisemono_pi の資料用です クリックありがとうござます!! にほんブログ村

緑色の顔

18:05:By STORY OF NOISE

毎日、車通勤で仕事に出勤する時には、このままブレーキを踏まず車に突っ込めば仕事に行かなくて済むし、死んだ方がマシかと思いながら通勤していた。Kさんの横にいると自分はヘビに睨まれたカエルのようだった。同… このレビューの続きを見る

インコ-05

21:54:By STORY OF NOISE

新太郎がカゴに連れて来た青白いインコにピーコと名付けた。 しかし、オスメスがはっきり判らなかった。 新太郎とピーコは仲が良かったが ある日、母親が水を交換しようとしてカゴと下部分が外れ 新太郎は逃げてし… このレビューの続きを見る

死の直前

22:21:By STORY OF NOISE

 僕は幼稚園にいつも一緒に通っているM君と仲良くなってきていた。 M君の伯父さん叔母さんは祖父の家の隣にあったので顔見知りで話もしていた。 幼稚園にM君を叔母さんが迎えに来たのだろう。叔母さんは門の… このレビューの続きを見る

3.6

愛読書

11:35:By 車倒上前必有路

 本のタイトルには少し驚かれると思いますが 誰もが経験する人生での挫折をどう受け止め、良い方向変えることができるのか。 私が常に持ち歩いている一冊です。

◆『死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫) 』 この本は、何よりも死に行く人々に接し、治療し、看護し、介護する人々のために書かれたものであろう。そうした医者や看護婦、家族にとって必読の本であり、き… このレビューの続きを見る

関連する商品