>
[Amazon] これは王国のかぎ (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

これは王国のかぎ (中公文庫)
これは王国のかぎ (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

これは王国のかぎ

おすすめ!3.6 [3.6](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:243882位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4122048117(中央公論新社)
これは王国のかぎ (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.6 [3.6]

最低最悪の誕生日。泣き疲れて眠って目覚めたら、そこはチグリスの河口だった!不思議な力を持つ魔神族として、見知らぬターバンの青年と旅することになった「あたし」。荒れ狂う大海原、灼熱の砂漠。辿り着いた都… このレビューの続きを見る

今晩は、自分です。 もう昼はだいぶ暖かいですねー。 ついこの前のこと、うちに新しくサボテンくんがやってきまして。植木鉢に鎮座しているのですが。 早速つぼみをつけているので、今から咲くのかなとドキドキし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  相変わらず、荻原規子さんを読み漁っております。これは図書館の児童書の棚からGET私にとって、初めての「宿命を負った少年と運命の少女」でなかったお話でしたwよくある、『次元トリ… このレビューの続きを見る

 あらすじ最低最悪の誕生日。泣き疲れて眠って目覚めたら、そこはチグリスの河口だった!不思議な力を持つ魔神族として、見知らぬターバンの青年と旅することになった「あたし」。荒れ狂う大海原、灼熱の砂漠。… このレビューの続きを見る

失恋し、最低最悪の15歳の誕生日を迎えた上田ひろみ。 なにか特別なことが起こると期待していた15歳だったのに、何も変わらない現実。ベッドに突っ伏して泣いていると、目の前に現れたのは、頭にターバンを巻いた青… このレビューの続きを見る

  最低最悪の誕生日。泣き疲れて眠って目覚めたら、そこはチグリスの河口だった!不思議な力を持つ魔神族として、見知らぬターバンの青年と旅することになっ た「あたし」。荒れ狂う大海原、灼熱の砂漠。辿… このレビューの続きを見る

   『マギ』からアラビアンナイトつながりで、本日はこれ。  少女が泣き疲れてめざめると、そこはチグリスの河口。  十五歳のごく普通の少女・ヒロミは、なぜか異世界で魔神になっていた――  魔神として… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書年が明けました。 相変わらず、時間があると本を読んでます。(なくても・・かも) 毎日、記録をアップするのは大変になってきたので、読んだ本は、読書メーカーにつけることにしました。今までも… このレビューの続きを見る

パク隊員の妖怪アパートの幽雅な日常のレビューを読んでいたら 突然思い出して読みたくなってしまって、再読。 これも始めは児童書で発売されて、ノベルス、そして文庫と、 大人に近いところにやってきた本です… このレビューの続きを見る

まーったく期待してなかったのですが、なんだか読んでてうきうきしてしまいました(^^ゞ。 女子高生だったのに気付いたら別世界で魔神に――て、えーそれは苦しいよ、と最初は思ってたんですけど、この主人公の開き直… このレビューの続きを見る

最低最悪の誕生日。 泣き疲れて眠って目覚めたら、そこはチグリスの河口だった! 不思議な力を持つマ魔神族として、見知らぬターバンの青年と旅することになった「あたし」。 荒れ狂う大海原、灼熱の砂漠。 辿… このレビューの続きを見る

失恋して泣き疲れて眠ったあたしが目覚めたら、そこはチグリスの畔、目の前にはターバンをした青年が。不思議な力を持つ魔神族となったあたしは、彼と都へ向かい、王家の争いに巻き込まれて…。アラビアンナイトの世… このレビューの続きを見る

 失恋から二十二日目、最低最悪の誕生日を迎え  上田ひろみは15歳になった。  「あたしは、あたしでいることをやめたい」  泣き疲れてうとうとして、目をさますと  目の前にはターバンを巻いた異国の男… このレビューの続きを見る

荻原規子さんの作品は、以前『西の善き魔女』や「勾玉」三部作を読んだことがあります。また読むものがなくなって本屋さんに入ったら、まだ読んだことのないこの作品がきれいな表紙の文庫本になっていたので衝動買いしてしまいました。(ちなみに表紙絵の完全版が口絵になって折り込まれています。ものすごくきれいな青い夜の絵です) (以下、ややネタバレ注意。決定的な展開には触れません)

関連する商品