>
[Amazon] カオスの紡ぐ夢の中で (〈数理を愉しむ〉シリーズ)...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

カオスの紡ぐ夢の中で (〈数理を愉しむ〉シリーズ) (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)
カオスの紡ぐ夢の中で (〈数理を愉しむ〉シリーズ) (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)で自分のブログにレビューを書く

カオスの紡ぐ夢の中で

おすすめ!3.3 [3.3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:82022位
  • Amazon価格:¥ 713
  • ユーズド価格:¥ 238
  • ISBN/ASIN:4150503648(早川書房)
カオスの紡ぐ夢の中で (〈数理を愉しむ〉シリーズ) (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3.3 [3.3]

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 気づけば梅雨になっていた。 こんばんは。 いつも通る道のアジサイが綺麗です。 やっぱりアジサイは青だよな、うん。 pHいくつぐらいだとなに色なんですか。   さて… このレビューの続きを見る

著者の金子邦彦さんという方は他の著書は読んだことありませんが、非線形・複雑系物理の権威のよう。この本はそんな金子さんが軽〜く書いている物理エッセイ(?)です。前半は本当にエッセイっぽく、最近の事柄な… このレビューの続きを見る

久々に、自分の趣味嗜好に従って書店の平積みから選んだ本。内容はカオス理論と複雑系科学に関するエッセイと小説。チューリングマシンとか散逸構造理論とか、その手の話が好きな人にとっては堪らない知的興奮が静かに味わえます。小説が星新一っぽくて意外と面白いです。 今にして思えば、リーマンショックも一種の「進化の○○○○○期の後の大○○」だったのかも。

関連する商品