>
[Amazon] ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)
ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)で自分のブログにレビューを書く

ふたりの証拠

おすすめ!4 [4](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11483位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4151200126(早川書房)
ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4 [4]

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 初めまして!!ミナコと言います! このブログは私が感銘を受けた漫画を紹介&解説して行くブログです まず初めに二十世紀少年でおなじみの 浦沢直樹 「monster]  … このレビューの続きを見る

戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家がある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。厳しい新体制が支配する国で、彼がなにを… このレビューの続きを見る

秋の夜長に読む本をお探しなら、これをはげしくオススメ! アゴタ=クリストフの3部作「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」です。 とにかく文章が濃厚で、仕掛けがたっぷりで、どんでん返しにおおー!となります。 個々に独立した本としても楽しめるけど、やっぱり3冊を順番に全部読んで欲しい。

???となりました。 前作とはうってかわって、普通に、本当に普通の小説になっている。 おばあちゃんの家にのったほうの双子のうち一人の、リュカのお話が大半で、最後のほうにクラウスがでてきます。 しかし、本当にラストは毎回衝撃的すぎてついていけません。とりあえず、もう一度読み直して理解を深めてから次の読みます。

4

ふたりの証拠

05:27:By れびゅ

あらすじ 戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家がある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。厳しい新体制が支配する国で… このレビューの続きを見る

「ぼく、体になら傷を受けても大してこたえないよ。でも、もしぼくがそんな傷を誰かに与えければならないとすると、ぼくはもうひとつ別の種類の傷を受けることになって、それは耐えられないと思うな」 一番好きな… このレビューの続きを見る

関連する商品