>
[Amazon] あめふらし

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

あめふらし
あめふらしで自分のブログにレビューを書く

あめふらし

おすすめ!3.5 [3.5](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:560317位
  • ユーズド価格:¥ 2
  • ISBN/ASIN:4163249400(文藝春秋)
あめふらしのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.5 [3.5]

 何とはなしに手に取ったものですが、読み進めるうちにすっかりのめり込んでいました。幻想的な話です。表紙の装画も長野さんです。あまり書くと面白味がなくなるので詳しくは書きませんが、淡々と話が進む中、ふ… このレビューの続きを見る

約一月前に、図書館から長野まゆみさんの本↑を借りてきました。 最近読んでいなかったのと、表紙で即決です。笑 というのも、この本の表紙には「こうもり」が描かれていたんですね。 着物の模様にもよく使われる「… このレビューの続きを見る

3.5

あめふらし

08:01:By てふてふ 雑言

死んだ人の魂を 預かって、怪しげな仕事をする主人公。 現世と来世の狭間を行きつ戻りつ、数百年も存在するものたちに 蛇やら蝙蝠やら・・と絡まって おどろおどろしいかと思いきや 妖艶な隠語がふんだんに出てく… このレビューの続きを見る

いわゆる万屋「ウヅマキ商會」と、その周辺の奇妙な人々。舞台は現代日本ですが、和風な幻想小説です。あからさまな描写は(多分)ないけれどBL要素あり。 なんというか、もう、幻想的でエロティックとしか表現… このレビューの続きを見る

長野まゆみ「あめふらし」。 装丁が好きで好きで購入した本。 不思議な話です。幻想文学というのでしょうか。 ほとんど男の人しか出てこないのですが、 これがまたみんな、つかみどころのない人たちばかり。 … このレビューの続きを見る

あめふらし

08:57:By よそゆき

長野まゆみさんの本です。 彼女の本は時々苦手な風味のものもあるので、 どきどきしながら読みました。 日常から切り離された、違和感を味わわせることに ウェイトを置いているのだろう、と思いました。 ”あ… このレビューの続きを見る

ウヅマキ商會でアルバイトをする市村。 雇い主の橘河はかなりいい加減で、あやしい。まわされる仕事もなにやら怪しい。市村は何度もアルバイトを止めよう思ったが、橘河にタマシイを掴まえられているので逆らうこ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品