>
[Amazon] お別れの音

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

お別れの音
お別れの音で自分のブログにレビューを書く

お別れの音

おすすめ!3.3 [3.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1181048位
  • Amazon価格:¥ 18,842
  • ユーズド価格:¥ 50
  • ISBN/ASIN:4163295801(文藝春秋)
お別れの音のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.3 [3.3]

冷たく、突き放すような印象を抱く本だった。 お別れといっても形は様々だけど、 ここに描かれるものは、すべて心がきんと凍るような 寂しいよりも無感情になってしまうような、別れ。 短篇集

3.3

読んだ本

22:31:By Le jardin de vert

お別れの音の中の 「ニカウさんの近況」、実はこれと似たような経験がある。 以前いた会社、海外のしかも違う部署の人から、よく間違えメールが届いた。 自分には関係ないメールなのだけれど、全社ALLのメール… このレビューの続きを見る

 読んだ!短編じゃなくて長編が読みたいー。

すぐ隣で、ずっと遠くで、耳をすませばきっと聞こえる。芥川賞作家にして史上最年少の川端賞作家がすくいあげる6つの小さな奇跡。「新しいビルディング」「お上手」「うちの娘」「ニカウさんの近況」「役立たず」「ファビアン家の思い出」 誰かとのちょっとした出会いと別れの物語。その話の中には善意も悪意もありって感じ。私はちょっとダークな雰囲気がする「役立たず」という話が印象に残った。

昨日読んだ本と静かな雰囲気が似ているのだけど、こちらのほうがずっと好き。小さな奇跡の短編集。題名通り、別れがテーマのようだけど、哀しいものではないです。『役立たず』のオチなんてちょっと笑ってしまう。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 すぐ隣で、ずっと遠くで、耳をすませばきっと聞こえる。 芥川賞作家にして史上最年少の川端賞作家がすくいあげる6つの小さな奇跡。

JUGEMテーマ:読書 すぐ隣で、ずっと遠くで、耳をすませばきっと聞こえる。芥川賞作家にして史上最年少の川端賞作家がすくいあげる6つの小さな奇跡。 なぜか飛鳥井千砂さん、朝比奈あすかさん、そして青山七… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

JUGEM編集部おすすめ商品