DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 64(ロクヨン) - 横山 秀夫 のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 64(ロクヨン)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

64(ロクヨン)
64(ロクヨン)で自分のブログにレビューを書く

64(ロクヨン)

おすすめ!3.4 [3.4](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:84896位
  • Amazon価格:¥ 2,052
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163818405(文藝春秋)
64(ロクヨン)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.4 [3.4]

横山秀夫著64文藝春秋先日NHKドラマ「64」の録画をすべて見た。おもしろかったので本を読んでみたくなった。図書館のベストセラー本はもうページがぼろぼろでめくるときのよりの具合も癖がついているほどである… このレビューの続きを見る

暑くもなく寒くもなくいい気候。読書の秋ってほんとだなあ。横山秀夫「64」 録画したドラマの1話だけを見た。 読み始めると同じ構成で進んでいくので、 まるで知っているドラマのようだ。 セリフは同じだ。 なぞっているようだ。 64は昭和64年なんだっけ?

このミステリーがすごい!のランキングやベストセラーランキングが発表されると、年末だなと思わされます。今回読んだのは2年前に「このミステリーがすごい!」の1位を獲得した作品。横山秀夫さんの久々の新作で… このレビューの続きを見る

三上義信は、行方不明の娘ではないかと 妻と遺体の確認に来ていた・・。 結果、遺体は娘ではなかったのだが、 父親の自分と似た容姿を醜いと罵り ある日、家を飛び出し行方が分からなくなっていたのだ 三上… このレビューの続きを見る

活字離れしていたわたしが色々読み始めついに長編のミステリーを読み終えました。 率直な感想を言えば頑張ったなという気持ちです。 でも最後の方は一気に読んでしまいました。 著者は作家になる前12年間新聞… このレビューの続きを見る

昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!めずらしい警察内部の広報官が主人公。

3.4

「64」横山秀夫

03:06:By scribble

警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、… このレビューの続きを見る

3.4

64

13:16:By Kirei no Shizuku*

緻密すぎて、自分で思いをはせる余白もなくなるほどで 息苦しい作品と感じてしまった。 力のある作家だからこそということなのだろうか。 警察の組織として、脆弱な部分をあぶりだすなど、 読み応えはあるのだけれどもだ。。。

久々の600ページは頑張ったー。 読みやすいんだけど、どこへ向かうのかよくわからない警察内部のゴタゴタ小説?って思ってたら、最後の最後で面白くなった! ある意味凄いなー! 色々と未解決な部分もあるけど、なんかスッキリとした読後感が良かった!! (20日読了)

 成井豊さんがブログで薦めていたので読んでみることにした。成井さんは横山秀夫作品は「半落ち」と「クライマーズ・ハイ」の2作品がベストだと言っていた。僕も「半落ち」は小説で「クライマーズ・ハイ」は映画で… このレビューの続きを見る

64 / 横山秀夫

16:48:By bocchi no kobeya

おもしろかったんだけど、 図書館の返却期限が迫っていて、 ものすごい勢いで一気読み…。 結局朝、4時まで。 もうちょいじっくり読みたかった

*あらすじ* 警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務… このレビューの続きを見る

久しぶりに時間を忘れて読んだ〜。 現実にこんなことがあるのか…と思いつつ読む警察モノは実にオモシロイ。 そして横山さんが描く武骨で熱い男が好き。 あちこちに埋め込まれたドラマは何度も目頭が熱くなる。 読了後、深い達成感すら覚える(笑) 本も分厚いが中身も分厚い。 

今日は、一日中、横山秀夫「64」を読んでいました。 だって、一度読み始めたら、途中でやめられないのだもの! こんなに素敵な本を読めて、なんて贅沢な一日。 複雑に絡み合った謎が、少しづつほぐれて、最後に見事まとまる。 まさに究極のミステリーです!

本日発売の 長い題名の小説が 本屋で山積みに。 この作家は苦手だけど、なんと  ミステリー小説 とのことで、 ミステリーファンとしては、つい 手にとってしまう。 ざーーーっと斜め読みして、登場人物と 被… このレビューの続きを見る

昭和64年、誘拐殺人事件が起きた。 それから14年、事件は未解決のまま・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 D県警史上最悪の重要未決事件「64」。この長官視察を巡… このレビューの続きを見る

横山秀夫さんの『64(ロクヨン)』を読みました。 ストーリーは昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、 刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われるという 究極の警察小説。 … このレビューの続きを見る

 昭和64年に起きた、翔子ちゃん誘拐殺人事件――通称、64(ロクヨン)。14年経った今も未だ解決されないD県警史上最悪の事件。その遺族の元を警察庁長官が訪問することになり、広報官の三上は段取りをつけるために遺… このレビューの続きを見る

 text by uematsu横山秀夫は警察小説を書く人、というイメージを持っていた。警察官が主人公となる短編集から入ったことが大きいのかもしれない。その後、映画にもなった「半落ち」「クライマーズ・ハイ」など… このレビューの続きを見る

  久しぶりの・・・横山秀夫の警察小説。 主人公は広報官。 警察庁と県警、警務部と刑事部、未解決事件・・・ 一晩で一気読みの一冊でした

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • 臨場

    臨場

    JUGEMレビュー件数:5

    Amazon評価平均:評価平均30

  • 13階段

    13階段

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 第三の時効

    第三の時効

    JUGEMレビュー件数:30

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 第三の時効

    第三の時効

    JUGEMレビュー件数:3

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ルパンの消息

    ルパンの消息

    JUGEMレビュー件数:16

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 動機

    動機

    JUGEMレビュー件数:16

    Amazon評価平均:評価平均40

  • クライマーズ・ハイ

    クライマーズ・ハイ

    JUGEMレビュー件数:7

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 告白

    告白

    JUGEMレビュー件数:226

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 半落ち

    半落ち

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 陰の季節

    陰の季節

    JUGEMレビュー件数:9

    Amazon評価平均:評価平均40