DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 蝉しぐれ - 藤沢 周平 のレビュー全13件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 蝉しぐれ (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

蝉しぐれ (文春文庫)
蝉しぐれ (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

蝉しぐれ

おすすめ!3.5 [3.5](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:9276位
  • Amazon価格:¥ 2,480
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:416719225X(文藝春秋)
蝉しぐれ (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.5 [3.5]

(#023)蝉しぐれ

04:56:By sno

I read a book; "Vegetarian Festival" in the begenning of October. And there is one more book I read in the month, called "Semishigure". Sadly there is no proper words for English,… このレビューの続きを見る

なにげに夫の部屋でみたTV・・蝉しぐれ・・残念ながら最後のところだけ・・TVを観ない人だからいつも見逃すの・・それで本棚にあった本を読みだした・・夫がせっせと買っては読んでいたのに私は忙しくて藤岡周… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:書評 ネタバレを大いに含みますので、ご注意ください 姉に数年前から読め読めと薦められてきた本。読んでみたいけれど、イマイチ昔が舞台のものは気が進まない・・・。 けれど思い切って読ん… このレビューの続きを見る

それは、単純に空の神様が恥かしかったり、空の上で、地球に生きるものたちに見せたくない何かが行われているんだと考えることもあった。 今回の雲は、山葵がこれまでエアバイクで遊んで来たものや、想いを… このレビューの続きを見る

 初めての藤沢周平だ。確か子どもを主人公にした話だと聞いていたのだが、、、まあ、今の中学生ぐらいに年齢からだから確かに子どもの話かもしれないが、この頃の子どもはずいぶん大人なんだな〜〜インパクト… このレビューの続きを見る

 海鳴りと蝉しぐれは藤沢周平作品の双璧と聞いた。単純な少年藩士の成長物語なのかしらとも思ったが抗えない世界にひたむきに立ち向かう姿に深い感動を覚えた。運命を受け入れて生きて行くということ、潔さに… このレビューの続きを見る

 蝉しぐれ、テスト前なのに、テスト来週なのに読んでしまった。 それくらいほっとけない、読むことをやめてしまうのはいやだった。 続きからまあ、感想です。 結構長文で自分の読んだ感想を熱く語っています。 この作品、読んだ人にしかわからない気持ちがあるのかもしれません。 切ないこの感情をどうすればいいのだろう。

文春文庫が創刊35周年として“いい男35冊フェア”を実施中。 期間は5〜9月の5ヶ月間。 感想(800字以内)を書いて送ると毎月最優秀作1点に35万円、優秀作10点に3000円の図書カードが当たります(驚) … このレビューの続きを見る

久しぶりに「小説」というものに心打たれました。 傑作。 海坂藩という架空の藩を舞台とする、藩士の少年期〜を描いた作品。 主人公・文四郎の家に訪れる不運、成長とともに生き方を違える親友との友情、隣家に住む娘への恋心などを、表現豊かな風景描写を交えつつ繊細に描かれています。

藤沢周平はやっぱりいいね〜〜〜 と言うわけで、これは図書館からかりてきました。 TVドラマ化されていて、友人に録画をたのんであります。 本で読むのと、時代劇になるのと違いがどうあるのか楽しみ。

藤沢周平「蝉しぐれ」という題名だけ聞いて、 「なんだ、40代50代のオッサンが通勤電車で読んでる本か、オレとは無縁の世界の本だ・・・」 と読み飛ばそうと思った、時代小説に無関心の皆さん。 お願いだか… このレビューの続きを見る

3.5

蝉しぐれ

14:00:By For no one

海坂藩の城下組屋敷で暮らす牧文四郎、小和田逸平、島崎与之助。3人は同じ私塾・道場に通う。与之助が学を志す為に江戸へと向かうことを決め、文四郎は親友との別れ、父との死別、隣接した小柳家の娘せつとの淡い… このレビューの続きを見る

先日読み終わった「田中角栄研究」を読んでいる間、この本を読みたくて、ずっとうずうずしていました。はるおくんにお願いして、お隣の州の大学から取り寄せてもらった本。 友人がぞっこん惚れ込んだ作品というこ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品