DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 水の眠り 灰の夢 - 桐野 夏生 のレビュー全6件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 水の眠り 灰の夢 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

水の眠り 灰の夢 (文春文庫)
水の眠り 灰の夢 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

水の眠り 灰の夢

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:102569位
  • Amazon価格:¥ 4,300
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167602024(文藝春秋)
水の眠り 灰の夢 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

水の眠り 灰の夢

08:59:By 本とか

●恋愛もので探したつもりが、あれれ。ブッコフで100円だった。 ●戦後、高度経済成長期が始まりそうなときのサスペンス。主人公はトップ屋(フリーの売れっ子週刊誌ジャーナリスト)の村野善三。ちまたでは、地下鉄… このレビューの続きを見る

1964年の東京オリンピックは多くの日本人に忘れられないエポックだったようで、あの時代を未来から振りかえる映画・ドラマ・小説がいくつかある。 その中で桐野夏生の「水の眠り 灰の夢」は1995年に書か… このレビューの続きを見る

連続爆破事件の犯人を追いかけていた週刊誌の記者が、どんどんと事件に巻き込まれていきながら、真相を追究してゆくお話。 ひさびさに、どっしりしたもの読んだなぁって感じです。 さいきん軽いタッチのしか読ん… このレビューの続きを見る

3.5

水の眠り、灰の夢

22:43:By flowbar

 凄く面白かったんですけど。さすが桐野夏生なんですけど。 でもこのタイトルはあまり心惹かれないというか、内容をあらわせていない気がするな。。。 お話は、昭和38年、週刊誌の記者が地下鉄の爆破事件に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 昭和38年9月、地下鉄爆破に遭遇した週刊誌記者・村野は連続爆弾魔・草加次郎事件を取材するうちに、一人の女子高生の殺人事件の容疑者に。東京オリンピック前夜の高度成長期を駆け抜ける激動の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆☆

関連する商品