>
[Amazon] きれぎれ (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

きれぎれ (文春文庫)
きれぎれ (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

きれぎれ

3 [3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:113479位
  • Amazon価格:¥ 539
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167653036(文藝春秋)
きれぎれ (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3 [3]

 昨日は久しぶりに本店に乗り込んだ。挨拶回りしていて、ボートの先輩の森井さんのところにも顔を出すと、サプライズでプレゼントをくれました。名入りの赤いボールペン。一見レディースぽくて、何で赤いんだ… このレビューの続きを見る

最近町田康の「きれぎれ」という小説を読んでいるのですが、ほんっと意味不明で。 何でこんなに訳が解らないのかしらと思ってじーっと読み入ってみて判明。 この人の小説は映画で言うならば「嫌われ松子の一生」と… このレビューの続きを見る

きれぎれ

08:05:By 受賞本

 きれぎれ  著者 : 町田康  受賞歴 : 第123回芥川賞 受賞

3

きれぎれ

17:37:By Phantasmagoria

すごい。正直内容はよく分からないけれども文章がすごいんだ。 一人称でだらだら喋っている感じなのに読ませるのだから。

きれぎれ (文春文庫)

23:04:By epiphora

JUGEMテーマ:本 おtこの地図帳作製計画の一旦を担ってます(*'Д'*) こんにちわー!! ちなみに関東地区担当です。 むしろ東日本担当で良いと思うような気がしないでもない。 って、こんなん言ってるからダ… このレビューの続きを見る

【★★★☆☆】 自分ではきっと手を出そうとしなかったであろう作家、町田康。 相手のことが知りたくて、その人の好きな作家の本を読んでみようと思った。今さらだけども。 人の「好き」を知ることは、その人自身を… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品