>
[Amazon] 春、バーニーズで (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

春、バーニーズで (文春文庫)
春、バーニーズで (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

春、バーニーズで

おすすめ!3.6 [3.6](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:437039位
  • Amazon価格:¥ 616
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167665042(文藝春秋)
春、バーニーズで (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.6 [3.6]

 最近よく読んでいる 吉田修一さん著               『春、バーニーズにて』 字が少なめの小説です。 タイトルほど素敵な雰囲気ではなかったかな。 ただ、この方の文章は、すんなりとその世界に入っていけて 手軽に別世界に行ける。 気持ちがちょこっと病んでいる(と自分では思っている)今の私には 有難い本です。

3.6

身体をつかう。

18:23:By knock ; lucK

+ 『春、バーニーズで』吉田修一の小説を読むといつも、細長くて青々としている草のイメージが浮かぶ。風通しがよくて、一見そよいでいるのだけれど根っこはしっかり大地に張っている、その安定感とみずみずしさと… このレビューの続きを見る

3.6

春、バーニーズで。

22:45:By 愉快

JUGEMテーマ:読書 吉田氏作品は『パレード』しか読んだことが無く、 この作品は読みやすそうだなと2作品目に選出。 ところがどっこい。 『最後の息子』の続編だったんですね…。申し訳ない。 読後に気付いてしま… このレビューの続きを見る

実際、理由が必要だった。このまま家に帰るにしても、会社に戻るにしても、何かしらみんなが納得してくれる理由が必要だった。たかが八時間、いつもと違った行動をしただけで、これまでの人生を、いや、これからの人生を語るくらいの物語を見つけなければ、元の場所には戻れないような気がした。

JUGEMテーマ:読書 小説になると、ありふれた出来事が急にかっこよく見えたりする。 ありふれた夫婦の話だけど、 現実に過ごす今、いろんなことがあるように、 過去もそれぞれいろんなことがあって生きてき… このレビューの続きを見る

妻と幼い息子を連れた筒井は、むかし一緒に暮らしていたその人と、偶然バーニーズで再会する。 懐かしいその人は、まだ学生らしき若い男の服を選んでいた。 日常のふとしたときに流れ出す、選ばなかったもうひと… このレビューの続きを見る

子供連れで妻とバーニーズで買い物を。ちらちらとこちらを見ているその人に最初に気づいたのは妻だった。昔、一緒に暮らしたことのあるその人は…。 マクドナルドで文庫を読む女性とひょんなことからメルアドを交換… このレビューの続きを見る

『春、バーニーズで』(文春文庫 よ 19-4) 吉田修一

関連する商品