>
[Amazon] だれかのいとしいひと (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

だれかのいとしいひと (文春文庫)
だれかのいとしいひと (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

だれかのいとしいひと

3.2 [3.2](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:117674位
  • Amazon価格:¥ 682
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167672022(文藝春秋)
だれかのいとしいひと (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.2 [3.2]

 内容(「BOOK」データベースより) 転校生じゃないからという理由でふられた女子高生、元カレのアパートに忍び込むフリーライター、親友の恋人とひそかにつきあう病癖のある女の子、誕生日休暇を一人ハワイで… このレビューの続きを見る

久々に角田光代。短編集。この本は結構好き。くっきりとした輪郭くっきり

「その、無意味な、お手軽な運命に、風船みたいに飛ばされるんじゃなくて、  どっかと根を張って流されないことってできないのかな」                               私   『誕… このレビューの続きを見る

私の好きな作家さんのひとり、角田光代さんの短編小説集です。絵本紹介のビジュアルブック「MOE」に掲載されたもの6作を含む8作品が収めされています。表紙のイラストが酒井駒子さんっていうところも、絵本好きの… このレビューの続きを見る

角田光代「だれかのいとしいひと」を読みました.8つの短篇からなる本.装丁が綺麗な本ですね… 読んでいて途中からリズムに乗ってきました.一番面白かったのが表題作ではなく「バーベキュー日和(夏でもなく,… このレビューの続きを見る

好きだなあ。この感じ。 と、読後に思わず微笑んでしまいました。 今まで角田光代さんの著書をまともに読んだことがなかったのですが、 昨日、書店の「店員のオススメコーナー」でこの本を発見。帯の文章に魅かれ… このレビューの続きを見る

3.2

日常の中の非日常

21:10:By 一日一讀

JUGEMテーマ:読書 うまくいってるときには気づかない、ちょっとした出来事や感情が描かれた小説。 転校生じゃないから、とふられる主人公がいるってことは、そんな理由でフる男がいるわけで。うまくいってるとき… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 8つの短編集なので これ好きだな〜とそれぞれ居心地の良さを 感じる作品に出会えそうな1冊。 どれが好きと聞かれたら 誕生日休暇が私は楽しめました。 人生と結ばれてい… このレビューの続きを見る

あまりに身近な感情を表現されているので、部分部分で入り込んでしまいました。ほんのり切なくてちょっぴり胸がイタイ。切なさに耐える感じで読みました・笑 そういうテーマの本って知らずに読み始めたから余計に。

3.2

だれかのいとしいひと

21:45:By

だれかの、いとしいひと。 だれかのいとしいひとは、そのまただれかのいとしいひと。 角田さんの書く文章には、日常がある。 他意はない。 ただただ、日常があふれていて、 ただただ、安心して、そして、… このレビューの続きを見る

3.2

だれかのいとしいひと

01:49:By MMKM

うまくいかないことだらけで 自分なんかと思う時があって どうにもならない状況に 自分ごとぜんぶほうりなげたくなる時があって でも,そんなあなたもだれかの愛しい人 だれかにとってかけがえのない人 (… このレビューの続きを見る

3.2

ぜんぶ失恋

23:45:By n.sの日々のこと

ものすごくせつなくて 鼻の奥がツーンとするような恋愛小説を読みたい気分のときに 帯の言葉にやられて買いました。 「好きなんて気持ちがなければいい。 だれかがだれかを好きになるという 気持ちなんてな… このレビューの続きを見る

気づいたら最近読んでいるのは短編集だらけ。 これは失恋をテーマに8つの短編が収められています。 角田光代はやっぱり人の心の動きを上手に描く作家だなと改めて感じました。 『誕生日休暇』と『海と凧』が好き。 他の角田作品も順次読んでいきたいな。

3.2

だれかのいとしいひと

13:57:By

だれかのいとしいひと 角田光代著 文庫版の装丁に惹かれて買いました。装丁、素敵です。内容的には読んでいて安野モヨコの漫画を読んでるような感覚に陥りました。強くかっこよくありたいけどそうなれない女性… このレビューの続きを見る

関連する商品