>
[Amazon] 花まんま (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

花まんま (文春文庫)
花まんま (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

花まんま

おすすめ!3.8 [3.8](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:9239位
  • Amazon価格:¥ 737
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167712024(文藝春秋)
花まんま (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.8 [3.8]

【感想】 昭和30〜40年代の大阪を舞台にした短篇集ですね。 自分は30〜40年代生まれではないですが… どことなく感じられる古き良き昭和の日本って雰囲気がなかなか好みでした。 ただ、若… このレビューの続きを見る

大阪万博の前、文化住宅と言われるいわゆる長屋生活となった私だが、欲しいおもちゃは買って貰える程度ではあった。民族学校に通う兄弟の存在は知っていたが、兄は体格もデカく近寄らないようにしていたが、身体の… このレビューの続きを見る

3.8

 

17:50:By しょんぼり灯るよ。

  黄色っぽい写真が続いたので、青系の写真を投入します。むん(`・ω・´) 今日はお休みだったので、午前中に久々に部屋のそうじをしました! あまりの汚さに自分にドン引き(゚∀゚)でもやっとすっきりしたー… このレビューの続きを見る

なんとなく表紙に惹かれて手にとりましたが…直木賞作品でした。 そして偶然ですがこのところ続いている大阪を舞台としたものでした。 短編6話が収録されていますが、全編昭和40年代を舞台で主人公は10歳前後の… このレビューの続きを見る

母と二人で大切にしてきた幼い妹が、ある日突然、大人びた言動を取り始める。 それには、信じられないような理由があった……(表題作)。 昭和30〜40年代の大阪の下町を舞台に、当時子どもだった主人公が体験した不… このレビューの続きを見る

 第133回直木賞受賞作。昭和30年〜40年代の大阪の下町を舞台にした、少し不思議な短編集。  おもしろかったです。大阪の下町の雑多な街並みが目に浮かぶようでした。表題作の「花まんま」には読んでいて泣きそう… このレビューの続きを見る

花まんま

18:11:By 受賞本

 花まんま  著者 : 朱川湊人  受賞歴 : 第133回直木賞 受賞

とりあえずメモ。仕事を始めて今日で三日目。私の職場は、家から電車で1時間20分。朝も早うから新鮮なおじさんと、新鮮なお魚などが集まる築地。と、言っても市場ではなく築地にある大きな病院。毎朝、5時30分に携… このレビューの続きを見る

 ノスタルジーッック 大阪下町(決してよさげな場所ではない) 昭和の匂いぷんぷんの短編6つ 昭和で育ってはいないのに、懐かしい気持ちが、リアルな生活感とともにわいてきます。不思議。 個人的には辛い話も。。。でも読めてよかったかなぁ かもしだす雰囲気すごかったです。 ☆8

水曜日は旦那ちゃんと仕事の後に食事を一緒にする日です。 入籍したはいいけど、住むところがまだ定まらず実家住まいの鯵です。 人様の苗字になったはずなのにまったく実感はありません。 で。 旦那ちゃんがい… このレビューの続きを見る

母と二人で大切にしてきた幼い妹が、ある日突然、大人びた言動を取り始める。それには、信じられないような理由があった…(表題作)。昭和30〜40年代の大阪の下町を舞台に、当時子どもだった主人公が体験した不… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品