>
[Amazon] がばいばあちゃんの幸せのトランク (徳間文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

がばいばあちゃんの幸せのトランク (徳間文庫)
がばいばあちゃんの幸せのトランク (徳間文庫)で自分のブログにレビューを書く

がばいばあちゃんの幸せのトランク

おすすめ!4 [4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:149098位
  • Amazon価格:¥ 576
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4198923612(徳間書店)
がばいばあちゃんの幸せのトランク (徳間文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4 [4]

がばいばあちゃんの本を読むのは3冊目です。 この本は主に奥さんとの馴れ初めなど、若い頃の洋七のことが書かれています。 吉本のお笑い芸人仲間のことや、コンビを組んだ3人の相方のことなども書かれています。 ど… このレビューの続きを見る

 あっという間に読めてしまう本である。私は時間にして2時間かからないくらいで読んだ。島田洋七のいわゆる「自叙伝」という位置づけになるのだろうが、奥さんとの出会いと歩みが何とも言えず爽快である。  … このレビューの続きを見る

佐賀のがばいばあちゃんの続編、第三弾。 ................................  幼い頃、原爆でとうちゃんを亡くした徳永昭広は小学校二年生から中学三年生まで佐賀のばあちゃんに預けられた。  かあちゃん… このレビューの続きを見る

うーん。すでに「がばいばあちゃん物語」というより「島田洋七物語」になってますよね(笑)。 おもしろいのはおもしろいんだけど、今まで読んだ本と話がかぶってるので、それ知ってるよ!とたびたび言いたくなる… このレビューの続きを見る

「佐賀のがばいばあちゃん」のその後の話です。つまり、著者の島田氏が高校生からお笑い界のトップへあがり、そして今に至るまでが書かれているのです。「佐賀のがばいばあちゃん」のその後が物凄く気になっていた… このレビューの続きを見る