>
[Amazon] アキラとあきら (徳間文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アキラとあきら (徳間文庫)
アキラとあきら (徳間文庫)で自分のブログにレビューを書く

アキラとあきら

おすすめ!4.7 [4.7](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:5418位
  • 定価:¥ 1,100
  • Amazon価格:¥ 1,100
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4198942307(徳間書店)
アキラとあきら (徳間文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 4.7 [4.7]

池井戸潤作品としては「陸王」以後、最新刊となる。と言っても2006年に「問題小説」に連載された作品で、単行本化されてなかったものを大幅加筆して文庫で出版されたものだ。   文庫とは言え705頁の大作… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会… このレビューの続きを見る

700ページを超える大作ながら一気に読ませるところはやはり池井戸さん、只者ではありません。 もともとは10年ほど前に連載されていたものを加筆・修正された文庫オリジナルであるが、その背景としてWOWOWでの… このレビューの続きを見る

関連する商品