>
[Amazon] 蹴りたい背中 (河出文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

蹴りたい背中 (河出文庫)
蹴りたい背中 (河出文庫)で自分のブログにレビューを書く

蹴りたい背中

3.2 [3.2](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:5381位
  • Amazon価格:¥ 410
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4309408419(河出書房新社)
蹴りたい背中 (河出文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.2 [3.2]

始めパッとせず入り込めなかったが、 様々な距離間が縮まることで魅力がわかった。 五感が疼く感覚の表現がステキ。 全体的にはどちらかというと"なるほど"の良作でした。

文庫が出てたの買って読むことにしました。 予想外に面白かったです。 内容が暗いこと。 主人公の性格が悪いこと。 ありきたりなオチじゃなかったこと。 そこがよかったです。

3.2

蹴りたい背中

02:17:By niko niko*

短いから読みやすかった! 中高生に流れる独特な空気があって、 人に合わせる、合わせない あの子が好き、嫌い グループがなんちゃら… なんかそういうのに必死になってる時あったなぁって思い出した。 なんか描写が独特。 私にはちょっと読みにくかったな。 でも、これを19歳で書いたってすごいなぁ。

  蹴りたい背中       綿矢りさ   “この、もの哀しく丸まった、 無防備な背中を蹴りたい ”長谷川初実は、陸上部の高校1年生。 ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファン であるにな川から、彼… このレビューの続きを見る

蹴りたい背中

16:23:By 受賞本

 蹴りたい背中  著者 : 綿矢りさ  受賞歴 : 第130回芥川賞 受賞

バナナ

11:13:By Ma7言+α

今更また朝バナナに取り組む私(@@) 水が不可欠なのでネットで24本999円(税別)の ミネラルウォーターを まとめ買いしちゃいました(・?・) 2セットも@楽天v 痩せますように(-人-) 3150円以上送料無料に惹か… このレビューの続きを見る

高校に入ったばかりの蜷川とハツはクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になってゆく…いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く、待望の文藝… このレビューの続きを見る

小説が、仮にも芥川賞受賞作が、(苦笑)とか使っていいの? それがもやもやしてなんか楽しめなかった 作者の感性がとても鋭くて、比喩が適切で、 とても綺麗な文章だけに、(苦笑)はないだろorz

綿矢りさ

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/1/1 "この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい"長谷川初美は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部屋に招待されるが・・・クラスの余り者同士の奇妙な関係を描き、文学史上の事件となった127万部のベストセラー。史上最年少19歳で芥川賞受賞作。

もしかしたら過去ログにエントリーがあるかも? そんな予感で過去ログ生戸をチェックしたら あったよ、あったよ恥エントリー(笑) それは下に再掲するとして・・・・ あのときとスタイル変わっているなぁ。 … このレビューの続きを見る

3.2

蹴りたい背中

20:44:By もー劣 脳内

なんだかんだで120万売れてるらしいよ。 つーことで、蹴りたい背中。 あらすじとしては―― 高校に入りクラスというか学校そのものに馴染めない主人公が、 同じクラスのはみ出しモノ――人気モデルの大ファ… このレビューの続きを見る

3.2

蹴りたい背中

05:26:By 音楽と言葉

インストールと比べると、かなり文章が上手くなっています。 学校でクラスがわいわい盛り上がっているのを見て、うざいなぁとか思ってた人は 絶対に共感できるはずです。

蹴りたい背中

22:34:By 我的故事

泣きながら一気に読みました。 というわけではないですが、すぐに読み終わりました。 主人公の複雑な感情をどう理解しましょうか。 ひたすらな孤独の中に身をおいて、青春の代名詞ともいえる高校生活を送る彼… このレビューの続きを見る

いつの間にか文庫になってたので、 やっと手にとって読みました。 芥川賞を史上最年少で受賞した 「蹴りたい背中」

作者が10代のときに芥川賞受賞作品を取った作品ってことで、話題になった『 蹴りたい背中 』がようやく文庫になったので、待ってましたとばかり読んでみました‥‥ が、思いのほかはまれなかったです。 さきの作… このレビューの続きを見る

さびしさは鳴る。

3.2

蹴りたい背中

22:02:By Kaleidscope

今更ながら読みました。 最年少での芥川受賞作。 一人で浮いてしまうのが怖くて つまらない話題にも話をあわすグループに嫌悪するハツは そんなグループを低レベルだといって切り捨ててしまう。

知られざる真実 管理人は大の読書好き←どーでもいい もう中学生の頃わ、図書室制覇しかけたよー え   引っ越した姉貴の部屋を整理して見つけた本! それが 綿矢りさサン作 蹴りたい背中(*´д`*) なんか話… このレビューの続きを見る

関連する商品