DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 - 山田 真哉 のレビュー全31件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)で自分のブログにレビューを書く

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉

おすすめ!3.4 [3.4](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:337554位
  • Amazon価格:¥ 756
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334034004(光文社)
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.4 [3.4]

 食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 著者 : 山田真哉  

15年くらい前『ダウンタウン汁』という深夜番組がやってました。 んでその番組中に松っちゃん他いつものメンバーが大喜利するコーナーがあって、"新しいことわざ"的なお題のときに、きむ兄が"筑前煮は作りすぎるな… このレビューの続きを見る

数字に知りたくて読書。先に下を読んでいて、今回は上を読書させてもらった。最後のあとがきを先に読み、各章のまとめへ目を通してから読むとスッキリと理解できる。構成は非常に親切だと思う。数字の置き換え、単… このレビューの続きを見る

 【メモ】・今日は渋谷で6時53分 待ち合わせが渋谷で6時53分…という連絡が来たらどう思うでしょうか?これは、実際に著者の方が体験したことらしいですが、多くの人は、何で7時じゃなくて53分なんだ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス  この方の本は、非常に分かりやすく読みやすいく面白いです。さおだけ屋〜の方が勉強になりますが、この上下巻もスラスラ読めて勉強になります。欠点といえば、作者さんが書かれているように、すぐ読めてしまう事でしょうか。

著者の山田真哉さんは阪大文学部出身の会計士で大学生協のお勧めのところにあったからとりあえず読んでみた数字の与える影響力ってすごいなって思いましたちょっと書き方を変えるだけで全然印象が違うし…感心することが多かったです将来数字に近しい仕事に就きたいと思っている俺にとってはすごい参考になりました大学の先輩といえば代表選に出馬した樽床議員も阪大の経済学部出身なんですよねがんばってほしいです

  友達の家に何故かあったので(笑)  てか(上)であることに、読み始めてから気づきました!ええ〜……  数字の考え方を理解する点では分かり易い本かなーと思いました。  他はあんまり覚えてない(・∀・)  てかこのシリーズの本基本的にちょっと薄すぎる(ページ数的な意味で。ページ数に引っ張られて内容も)

 あの有名な『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者 山田真哉氏の 本です。 続編のような、基礎編のような・・・・ 会計の話は、あまり出てきません。 それよりも、日常に使う数字についての『感覚』の… このレビューの続きを見る

数字アレルギーでも、これならわかる。ほんとうに。 山田真哉さんの会計本3冊。 【1】さおだけ屋はなぜつぶれないのか? 「挫折せずに最後まで読める会計の本」というコンセプトの本。 決算書やら仕訳やら、そうい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 数字のカラクリに関して知りたい人 にはピッタリの とても読みやすい1冊です。 本のタイトルなど見ていても思いますが 数字の使い方にひきつけられて 目に留まってしまう本… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 第2段。必読。

JUGEMテーマ:読書 読み物ですね。 面白く読ませていただきました。

「さおだけ屋・・・」の続編??です。 内容てか感覚??的には同じ。 文字も大きいしわかりやすく書いてあるから読みやすかった。 筆者自身も1時間程度で読みきれるように意識して書いたっていうぐらいだもんね。 数字の持つ力の大きさに気付かされました。 今までスルーしてきたけど,実は…っていう。 下巻も買おうかな。

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』も面白かったですが、これも面白い!むしろ、こっちの方が面白いかもしれない。 一つの事を説明するための例が、とても分かりやすいので、内容も分かりやすい。始めに、全部読ま… このレビューの続きを見る

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 著者:山田 真哉 出版社: 光文社 (2007/4/17) ISBN-10: 4334034004 ISBN-13: 978-4334034009 発売日: 2007/4/17 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか… このレビューの続きを見る

やっぱり、アウトプットしてないと身につかないですね…。 なので、書きます。 面白かったのが数字の4つのルール ルール? 数字には「順序がある」    ルール? 数字は「単位で意味を固定する」 ルール? 数… このレビューの続きを見る

著者が一時間で読める本という通り、内容は非常に薄く、しかも会計関連の話は最後のほうにちょっとだけ。 ビジネス上の数字にまつわる話もどこかで聞いたものばかりだし、まぁ、新入社員レベルが読む本かと。。。 タイトル勝ちですな。 ★★☆☆☆ ヨーロッパで人気の“禅スタイル”のロータイプベッド 人気blogランキングへ

「一時間で読めて一生役に立つ本」だった・・・まさに。あとがきで『さおだけや〜』をそういう本にしたかったけど自分でも1時間では読めなかった、とか言ってて、まあ、私は『さおだけや〜』を読んでいないんだが… このレビューの続きを見る

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」で有名な会計士、山田真哉氏の著書です。 今回は会計よりは数字について主に書かれています。 会計に対する苦手意識は会計そのものではなく、そのベースとなる数字に原因が… このレビューの続きを見る

こんにちわ、熊本の看板屋でございます。 しかし暑いですね^^;毎日言ってますけど。 暑さも昨日がピークらしいですが。 さてさて。今回は盆休みに読んだ本の話です。 「食い逃げされてもバイトは雇う… このレビューの続きを見る

いくらタイトルが良くても…な本の典型 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者の本。『さおだけ屋』が、「身近な商売」を通じて会計の考え方を紹介する本で、『食い逃げ』は「身近な数字を通じて、数字の見方や使い方から会計の基礎まで、幅広く紹介していく」本であるということが「はじめに」に書いてある。

「さおだけや・・・」や、「女子大生会計士・・・」など、とても読みやすく、社会経済について説明してくれる山田真哉の本は、前にも書いたけど、車の中に置いておいて、ちょっとした待ち時間とかに読むのにイイ … このレビューの続きを見る

<内容> 019 「WEB2.0」「ゲド戦記」がすごい本当の理由 043 今日は渋谷で6時53分 077 タウリン1000ミリグラムは1グラム 109 食い逃げされてもバイトは雇うな 155 決算書の見方はトランプと同じ <感… このレビューの続きを見る

会計、数字が苦手に人には、非常にわかりやすいです。 タイトルのインパクトだけでなく実のある中身でした。

なんだかんだいって、 新書のタイトル読みはやめられません。 時間の無駄ではないけれど、 お金を払うのは無駄かもしれない。 と思ってしまう本。 ただ、 ともすれば見逃してしまう数字のからくりを おっきな文字でさらっと教えてくれています。 世の中が少しわかった気になれる一冊。 ・・・って皮肉しかいえないくせに、 たぶん下巻も図書館で借ります。

「さおだけ屋」につづく山田ワールド。 ちょっとした視点で、世の中がこんなにも面白く見えるということに気づかせてくれる。会計が本当に好きなんだなあという感じ。 「数字にうまくなる」という表現を著者… このレビューの続きを見る

ひさびさに読書なんぞしてみました ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の作者、 山田真哉氏の第2弾です 気軽に読める会計(というより数字)についての解説書です 数字にこめられた意味を分か… このレビューの続きを見る

山田真哉さんの文章は、 本当に読みやすい! ”薄くて本当に役立つビジネス本”を 目指したとありますが、確かにその通りで、 1時間くらいで読めます。 前作『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』と比べて、 … このレビューの続きを見る

会計について勉強するのに、わかりやすいとっかかりを与えてくれる本。 僕は逆に、全然会計に興味がないのに会計に興味を持った。 僕の場合は、この本で扱ってある数字に興味があったから読み始めた。食い逃げ… このレビューの続きを見る

買おうと思って本屋でパラパラめくって読んでいたら、あれ?全部読んでしまった。本屋さん、著者さんごめんなさい。 さおだけや〜に続いての本ということで楽しみにしていましたが、この本もなかなか興味深い内… このレビューの続きを見る

関連する商品